January 27, 2017

* 気になる展覧会情報(20170127)

今年も興味をひかれる展覧会がたくさん、という結論です。
  • 国立新美術館
    ミュシャ展 (2017年3月8日〜6月5日)
    ミュシャの《スラヴ叙事詩》が見られるというだけで、「行くべし」と思います。国外に出るのは初めてのことだそうです。まあ、大きくて移動させるのが大変だし、そこまでやって採算が合うと判断できると思える場所は少ないのかもしれません。なんだかんだ言われていますが、日本(東京)はこういうアートのイベントが頻繁にあって、恵まれているなあと思います。本当はこういう大物にだけ反応するのではなく、身近なアートも大切にしなければいけないのでしょうけれど……。

  • 国立科学博物館
    大英自然史博物館展(2017年3月18日〜6月11日)
    呪われたアメジストが広告に使われていて、Twitterで話題になっていました。もちろんそれだけではなく、世界中で活躍した英国が(というポジティブな表現だけではおさまりませんが)、世界中で集めた貴重な標本なども展示されるようです。

  • 東京都美術館
    ボイマンス美術館所蔵 ブリューゲル「バベルの塔」展 BABEL 16世紀ネーデルラントの至宝 ―ボスを超えて―(2017年4月18日〜7月2日)
    ブリューゲルの「バベルの塔」がメインですが、ヒエロニムス・ボスの2作品も目玉だそうです。ボスの作品が16世紀にリバイバルした、というのも扱うみたいですね。以前にも書いたことがありますが、ボスの絵は本当に面白いです。おそらく、実在しない悪魔や魔物の造形というのは画家の想像力をかきたてるもので、画家はそれを駆使して描いているのでしょう。バベルの塔だけでは弱いのかな〜?

  • Bunkamuraザ・ミュージアム
    ベルギー 奇想の系譜 ボスからマグリット、ヤン・ファーブルまで(2017年7月15日〜9月24日)
    これは、先ほどの東京都美術館でのブリューゲル展とつながるというか、まったく関連がない、ということはないと思います(企画するほうにそういう意図があるかは別として)。こちらでは、ボスの作品とベルギーの19世紀〜現代のアートに共通するものが見られるようです。


uriel_archangel at 11:54 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 気になる展覧会情報(20170127)
 

January 26, 2017

* 気になる展覧会情報(20170126)

こういう内容を書くのも久しぶりです。会期の終わりが近い順に並んでいます。
  • 国立科学博物館
    特別展「世界遺産 ラスコー展 ―クロマニョン人が残した洞窟壁画―」(2016年11月11日〜2017年2月19日)
    これまたぶらぶら美術・博物館で見て、気になっています。ラスコーを発見した少年の話は、中学受験の勉強で初めて読みました。まあそれはいいとして(?)、ラスコーを復元した空間がある、というのが興味深いです。ネアンデルタール人と違って、クロマニョン人は芸術活動をするというのが特徴的だそうで、人々の衣服や道具は驚くほど装飾的でした。そして、そういう芸術活動をする遺伝子を持ったホモ・サピエンスが、世界中に広まったのだそうです。

  • 森アーツセンターギャラリー
    ヴェルサイユ宮殿《監修》 マリー・アントワネット展 (2016年10月25日〜2017年2月26日)
    フランス革命の原因になったということで、後世の人から悪くしか見られなかったマリー・アントワネットを、新たな視点から見る展覧会です。ぶらぶら美術・博物館で見て、気になっています。パリ市内観光で、彼女が最後の日々を過ごした場所(コンシェルジェリーにあります)を訪れたことがあるのですが、建物の重厚な壁もありますが、涙の模様が施された壁紙といい、暗い気分になる場所でした。

  • 東京国立博物館
    特別展「春日大社 千年の至宝」(2017年1月17日〜3月12日)
    昨年式年造営が行われた春日大社の貴重な名品が展示される、とのことです。神様にささげるために、国宝の金地螺鈿毛抜形太刀と同じ刀を新たに作るドキュメンタリーを見ましたが、素晴らしい技術や材料を惜しみなく投じて作られたものなのだ、というのが伝わりました。

  • 東京都美術館
    日伊国交樹立150周年記念「ティツィアーノとヴェネツィア派展」(2017年1月21日〜4月2日)
    美術の本で必ずと言っていいほど掲載されている《フローラ》や《ダナエ》が見られます。去年もこんな感じの展覧会があったなあ、と思ったので調べたところ、去年の展覧会はアカデミア美術館の所蔵品でした。こういうときに、去年ブログをきちんと書いていなかったことが悔やまれますが、書かなかったものはしょうがないので今年頑張ります。
まだまだあります〜。

uriel_archangel at 12:16 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 気になる展覧会情報(20170126)
 

January 23, 2017

* 花粉、来てますね〜

年明けから花粉症の薬を飲んでいます。1日2回の薬を1日1回飲んでいる、という感じなので、まだまだ本番ではありませんが。

実は私は、花粉症の影響で鼻から出血するタイプなのです。「鼻血!」となるほど出血するわけではなく、にじむ、という程度ですが。これが始まっているのに気づいたのが、花粉症の薬を飲み始めたタイミングでした。

これから5月の連休くらいまで、薬を飲むのが続きます。2〜4月は、1日2回ちゃんと飲むし、いつも飲んでいるサプリも増量します。

【追記】
年末に体調を崩してマスクを着用していたのですが、引き続きマスク着用となりました。

uriel_archangel at 11:45 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 花粉、来てますね〜
 

January 20, 2017

* British Museumのオンラインショップでトラブル→解決

買い物しかしてないのか、私。

というのはともかく、去年の12月に、British Museumのオンラインショップで買い物をしました。中世の図案を利用したネクタイというのを、ここで取り扱っているのです。探し方が悪いのかもしれませんが、そういうネクタイはここでしか見つけていません。

で、ついでに私も、興味があったアクセサリーを購入しました。年内には届くだろうということで、わくわくと待っておりました。――が!

ネクタイは無事届いたのですが、アクセサリーは、箱だけで中身がなかったのです……。よくよくパッケージの中身を確かめて、「あのー、箱だけで、アクセサリーが入ってないんですけど」という問い合わせのメールを送りました。

そういえばあの問い合わせ、ちゃんと見てもらえたかな? と思ったころに、先方から「すみません! もう一度送ります」というメールが届き、昨日、無事に中身のある荷物が届きました。

170120necklace

写真はオンラインショップからお借りしました。セルティック・ノットのネックレスです〜。

まあいろいろありましたが、ここの品物は結構面白いです。あとは二重に請求されていないか確認して、おしまい、ですね。

uriel_archangel at 11:55 | お買い物 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - British Museumのオンラインショップでトラブル→解決
 

January 19, 2017

* 古いiPadを母が使えるようにしました

父が使っていたiPadが空きました。父がもともとSoftbankで契約していたのをDocomoに乗り換え、ついでにiPadも新しいものにしたので(どっちかというとこっちがメイン?)、古いiPad(2代目かな?)が浮いた、というわけです。

とりあえず自宅にWi-Fiがあるので、父が使っていた当時の設定のままでも使えます。ただこれだと、いつまで経っても母がiPadでネットを見る専門になるので、設定を新しくすることにしました。

息子には私のお古のiPod touchを渡して設定させたりしたのですが、自分がやるのは初めてで、「なんだこりゃー」状態でした。なぜかというと、母用の新しいiCloudのアカウントを作ったはいいのですが、iCloudの設定に父のソフトバンクのアドレスが残っていて、これをどうやって外せばいいの? 状態だったのです。よく見たら、下のほうに「サインアウト」というのがありました(汗)

ともあれ、無事サインアウトして、母のiCloudアカウントを設定できました。父はソフトバンクのメールだったのでiCloudのメールクライアントを使っていたのですが、私は自分のiPodで「メールが来ない!」というのを体験したので、母にはGmailを使ってもらうことにしました。

そこでGmailのアプリをダウンロード……しようとしたら、母のアカウントではそういうことをするのは初めてなので、いろいろ設定しろと言われました。が、無料アプリなのでクレジットカードの設定はなしで大丈夫でした。

Gmailの設定も、アプリからできました。今でも、携帯電話の番号を入力しなくても。Gmailのメールアドレスを作成できるんですね〜。これで、母が連絡したい相手に私からいちいち送らなくてすみます!

メールはめんどくさいと言っていた母も、iPadが「自分のもの」になってなんとなく嬉しそう?に見えます。

uriel_archangel at 12:08 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 古いiPadを母が使えるようにしました
 
Profile
REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード