February 22, 2017

* 講演「いのちを生きる子供たちのために:高大接続改革の展望」

「いのちを生きる子供たちのために:高大接続改革の展望」は、このシンポジウムの一部(基調講演)として行われたものです。現在話題となっている大学入試改革の根幹とも言える部分を考えた人の話ということで、関心を持って聴きましたよ〜。書かねば書かねばと思っているうちに、1か月が経過してしまいましたが。

聴いていて、以前大河内先生が講演で話していたことと、結構重なるところがあるなあ、と思いました。小学校・中学校で教える内容は変わってきていて、一方的に教師が壇上から教える従来の方法ではなく、主体的に/対話的に/深く学ぶ、というメソッドが広がっています。

でもこれは、何十年も変わらない大学受験では重視されない。これをなんとかするには、大学受験を変えるのが一番手っ取り早い、という話です。

実は時間不足で、手元にある資料の内容が十分に話されていたわけではないのですが、先生の話を聞き、資料を見る限りでは、本当に「もっともだなあ」と思います。

将来どうなるかは、私たちがこれまで過ごしてきた時代以上に不確実です。そうすると、重要なのは自分で将来を切りひらく力であり、それは今、小学校や中学校で教えられている内容(手法)と一致するのです。

「日本の未来を賭けた教育改革」というのは、恐らくそのとおりなのだろうと思います。ただ、「提言はその通りだと思うけれど、いろいろ経由して出てきたものが……」という感じになるそうで(これは講演会で出た話ではありません)、そこがもったいないなあと思います。

世界の流れを見ると、これまでのように詰め込んだ知識を競うのではない大学入試が求められているのでしょう。恐らく2020年を待たずとも、大学入試は変化を続けていると思います(変化のない大学もあるでしょうが……)。大学受験だけを見ず、周囲を取り巻く情勢の変化に敏感になることが大事だなあ、と思いました。

まとまっていませんが、こういう感じです。

uriel_archangel at 11:54 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 講演「いのちを生きる子供たちのために:高大接続改革の展望」
 

February 21, 2017

* 博物館や展覧会にお勧めの単眼鏡・双眼鏡

自分用の備忘録です。先週の「春日大社展」では、遠くからでも展示品をみられるようにしたほうがいいなあ、というのを痛感したのですが、実はその直前に、こういうツイートを見ていました。

それと、重なるときには重なるもので、こちらのTogetterも見ていました。
――で、Amazon.co.jpの商品へのリンクも貼っておきます。




双眼鏡のほうは、お手ごろ価格のものを。リンク先から倍率などの違う製品も調べられます。



こういうサポートをしてくれる道具は、あったほうが絶対便利なのですよね。安価なのは単眼鏡なのですが、双眼鏡のほうが使いやすい気もするし……。ということで、しばらく考えます。

uriel_archangel at 11:50 | 自分用TIPS 
Permalink | Comments(1) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 博物館や展覧会にお勧めの単眼鏡・双眼鏡
 

February 20, 2017

* 特別展 春日大社 千年の秘宝


ラスコー展の後で行きました。なぜかというと、ラスコー展は9時開館で、春日大社展は9時30分開館だからです。上野を出る時間は早められましたが、結論としては春日大社展を先に見ておいたほうがよかったかな、という感じでした。

なぜかというと、すごい人出だったのです……。

美術館での西洋絵画の展示であれば、そんなに問題ではありません。なぜかというと、絵画を熱心に見るなら、近くから見たり遠くから見たりというのがあるので、ベターッと前に貼りつく人というのはそんなにいません。

でも、今回の展示での工芸品は遠くから見るのではなく近くで細工を見たいし、絵巻物は平置き(?)だから近寄らないと見えないしで、前の人は当然へばりついたままだしで、「あらー」という感じでした。単眼鏡や双眼鏡を持っている人が何人もいて、「これは持っていたほうがいいなあ」と思いました。

鹿島立ちの図や春日宮曼荼羅など、深い信仰を集めていたのが分かりました。じっくり見られませんでしたけれど。春日大社を再現した箇所での瑠璃燈籠が幻想的で、とてもきれいでした。

国宝の太刀も、少し離れた場所からようやく猫の螺鈿を確認できました。

武具は、大鎧が見られて良かったです。やっぱり戦国の鎧と違って、動きにくそうですよね。こういうのを着て大太刀をふるっていたなんて、当時の人はすごいですよね。

祭礼での舞楽の紹介は、個人的に奈良は「シルクロード終着点」と思っているので、当時の胡の国や中国(という名前ではありませんが)の雰囲気を伝えているんだな〜、と勝手に考えて面白かったです。

瑠璃燈籠の絵葉書が買いたいなあ、と思ったのですが、やっぱりショップの混雑がすごくて断念しました。奈良組ひものストラップが、良さそうだったのですが。

平成館の休憩スペースに鶴屋吉信が入っていて、ちょっとしたものが食べられるようになっているのですが、ここも混雑していて断念しました。

――ということで、人を見に行ったような感じになってしまいました。あとは、遠くからも鑑賞できる方法を確立しなければ、ですね。

uriel_archangel at 11:53 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 特別展 春日大社 千年の秘宝
 

February 17, 2017

* 特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」


四谷大塚のテストで使われていて、そのとき初めて存在を知ったラスコー洞窟の壁画! なんだか妙に気になるので、行ってきました。

思ったほど人出はなく、じっくり展示を見られました。洞窟を再現した1/10ミニチュアでは、「こんな場所に描いていたのか〜」というのが分かります。結構高い場所にもあって、足場を作って描いていたようです。

洞窟を実物大のスケールで再現している展示では(もちろん足場は悪くないです)、実際の着色された絵だけでなく、暗い中に線画が浮き上がる演出もあって、ものすごくわくわくしました。

展示物の一部や体験型の展示にはフランスで作成されたものがあり、「こういう展示が世界で行われているんだなあ」というのも実感できます。内部には入れないラスコー洞窟で、「こういうところにあったのか」や「これくらいの高さにあったのか」というのが分かって面白かったです。

こういうラスコー洞窟の壁画そのものの紹介も面白かったのですが、もっと面白く感じられたのは、彼らが使った道具についての展示です。投槍器やランプなどの装飾に施された装飾も面白かったのですが、彼らがどのように縫い針などの道具を作ったか、という展示がとても興味深かったです。

私たちは、今は機械などで固いものも簡単に加工できますが、当時の人たちは石器だけで必要な長さの骨を切り出し、石にこすり付けて滑らかに加工し、穴を開けていたのです。昔の人々の作業を復元した映像を見て、「人間って、確かに昔から大きくは変わらないんだなあ」と思いました。

それと、クロマニョン人が作った女性像というか地母神(豊穣の象徴)もありました。それこそ、「これがこの先にヴィーナスになるんだよなあ。ヨーロッパだけでなく、地母神は世界各地にあるし」と、タテ(時間)とヨコ(地域)の広がりも感じられました。

最後には、「その頃の日本は……」という展示もありました。日本の土は酸性で、当時作られたものは残りにくいそうですが、それでも「日本にもこういう活動をする人たちがいたんだろうな」というのが感じられて面白かったです。

その時代の日本の研究に関連する3万年前の航海を再現するプロジェクトも紹介されていました。クラウドファンディングを行いましたが、今後も支援を募っていくそうです。

今回のラスコー展は、ぶらぶら美術・博物館でも取り上げていました。詳細はこちら

uriel_archangel at 11:52 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」
 

February 12, 2017

* 息子に初スマホ(ASUS Zenfone 3 Max)

……とは言っても、既にiPod touchを使ってきているのですけれど。そんなわけで、機種選びが面倒でした。

そもそも、WiMAXのルーターを使われると(従量制料金なので)高くつく、というところから始まり、「MVNOのSIMが使えるルーターを持たせたほうがいいか」となり、「ルーターもそれなりの値段だから、デザリング機能のある安いスマホも同じじゃないか」となったのです。実はルーターの設定がめんどくさそうだな、というのもありました。はい。

あ、それでですね、BicSIMというか、IIJmioを契約しているのですが、SIMの追加をしてからプラン変更をしてください。プラン変更をすると、その月はSIMの追加ができなくなります。1月のうちからこういう話をしていたので、プラン変更を1月中に終わらせておけばよかったなあ、と思っています。

気づいたらミニマムスタートプランでも1か月あたり3GB使えるようになっていたし、前月分も繰り越せるので、息子がアホのように外出時に動画を見なければ大丈夫、とは思うのですが……(動画はデータ容量が多いから外で見るな、とは普段から言っています)。

Freetelの安いのもいいかなあ、とは思ったのですが、あまりに安いのも……という思いもあります。結果として「まあ、ルーターのほうが安いよね」となりました。最終的に選んだのはこちらです。

image

高校生男子がカバンに入れっぱなしにするので、壊されちゃたまらん、と、ASUSでバンパーケースも一緒に購入しました。Amazonで液晶保護のガラスフィルムも購入しましたよ。まあ、息子は世の中の高校生男子としては、ものを手荒に扱わないタイプではありますが、無頓着にカバンにがさがさと詰め込むタイプなので……。

バッテリーの容量が多いのを重視しました。ルーター代わりなので本体は16GBで十分です。息子は、ディスプレイが大きいのでこちらをメインにしたそうにしていましたが、あっさりあきらめていました。iPod touchをずっと使い続けてきたのもありますが、PCに接続したところ、「空きが16GBもないんだけど……」とのことでした(9GBだったかな?)。SDカードで32GBまで追加できるので、必要となったら本人が買うでしょう。

私は「2年以上、できれば3年は使ってもらうから!」と言っています。本人はスマホで音楽が聴けるようにしたいようですが、音楽を聴くとバッテリーが減るよ、とも言っています。本体到着の翌日に追加したSIMが届くスケジュールだったので、いろいろな設定はWi-Fiで済ませました。Gmailのアカウント(というか、Googleのアカウント)を既に持っているので、設定は楽でした。

まあでも、スマホでWebやGmailを見られるので、十分ではないかと思います。本当はLINEも見られれば楽なのですが、iPod touchとスマホにLINEの同じアカウントを入れられないようです。iPadとスマホの場合とは違うんですねー。「まあ、外出時にLINEを見る必要があるときはテザリングで」ということにしました。

今日は模試で出かけていて、スマホデビューです。テザリングの設定をしているところを見ていないのですが、スマホだけでもメールは使えるので大丈夫でしょう。

uriel_archangel at 11:49 | ネットやPC関連 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 このエントリーをはてなブックマークに追加 このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマーク - 息子に初スマホ(ASUS Zenfone 3 Max)
 
Profile
REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード