April 14, 2011

* いつも全力&今日できることは今日しよう!

3月11日の地震は、人間の想像を超えた自然災害の威力を見せつけました。そして、大きな地震はいつ起こってもおかしくない状態にあります。「一寸先は闇」では不安をかきたてる表現ですが、「いつ何が起こってもおかしくない」ということを実感しました。

さらに3月末に、親戚に不幸がありました。長い間病気に臥せっていた、ということであれば、ある程度の覚悟はできます。でも、ほとんど病院に行くこともなかったような、とても元気な人でした。朝、なかなか起きてこないので様子を見に行って、亡くなっていることが分かったとのことです。本当に、突然でした。

こうやって書いてみると、一見違うことのように見えますが、肉親にしてみれば、「突然大切な家族を奪われる」という点では同じです。確かに、自然災害で奪われた命は大きなニュースになります。でも、急に大切な家族を奪われるというのは、当事者にしてみれば、ニュースには取り上げられなくても、同じくらい突然で理不尽なことです。

自然災害が身近で起こらなくても、こうやって、毎日当たり前のものとしていたことが、突如として奪われることがあるのだ、と実感しました。

だとしたら、大きな余震があるとか、もっと近い場所が震源の地震があるとか、そういうことは関係なく、日々を後悔のないように過ごさなければ、と思いました。今日当たり前だと思っていることが、明日はそうではなくなるかもしれないのです。

そこで、どう過ごすべきか考えて出た結論が、このエントリーのタイトルです。いつも全力を尽くして物事に取り組むべきですし、「これは明日でもできるから、明日すればいい」ではだめで、「今日できることは今日しておく」べきなのです。

――なんて偉そうに書いておいて、片付けたり処分したりしなければならないものすべてに手をつけているわけではありません。本当に、「あの荷物を残したら大変だ」という状態で……。

ご都合主義的な言い分ではありますが、それでも、毎日の生活で最善を尽くし、後悔のないように過ごしたいと思っています。

uriel_archangel at 23:01 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード