April 27, 2011

* BS日テレの『ぶらぶら美術・博物館』で、レンブラント展が!

昨日(4月26日)の夜、「何か面白い番組はないかなあ」と思いながらチャンネルを動かしていたところ、このような番組を見つけました。というか、見たことはあったのですが、正確な放送時間は把握していませんでした……。
ちょうど先日のブログで書いた、国立西洋美術館で開催中の「レンブラント 光の探求/闇の誘惑 —版画と絵画 天才が極めた明暗表現—」が紹介されていました。

美術に造詣の深い山田五郎さんの解説つきであれこれと作品を見ていると、とても勉強になります。さらに、期待していた以上に様々な作品が展示されていて、レンブラントの生涯と絵画がじっくり鑑賞できる、ということも分かりました。

アムステルダムでレンブラントの家に行き、さまざまな作品を見たからこそ、こういうふうに分かるのだなあ、と自分で感心してしまいました(笑) そういえば、アムステルダムでこのエッチングを見たなあ……という記憶がある作品もありました(本当に同じものかどうかは分かりませんが)。

先日の記事では書かなかったのですが、レンブラントの家でエッチングの作品の数々を鑑賞して、その素晴らしい描写力と技術に圧倒されました。レンブラントは油彩画が有名ですが、エッチングも忘れてはならないと思います。

力説してしまいましたが、レンブラントのエッチングは、本当に見る価値があります。これは絶対見に行かなければ、と思いました。

さらに言うと、この『ぶらぶら美術・博物館』、次回はBunkamura ザ・ミュージアム「フェルメール《地理学者》とオランダフランドル絵画展」を取り上げます。これまた私が気になる展覧会なので、忘れずにチェックですね。

実は、この展覧会の前に上野動物園「河馬博覧会──かば祭り in Ueno Zoo」が紹介されていました。こういう視点も、らしくていいなあ、と思います。

番組ホームページでは、過去の放送内容が紹介されています。今回はこんな感じです。

uriel_archangel at 20:22 | 日々の記録 | 講演会・展覧会
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード