April 29, 2011

* 岡田斗司夫( @ToshioOkada )『あなたを天才にするスマートノート』を読む

あなたを天才にするスマートノートあなたを天才にするスマートノート
著者:岡田 斗司夫
販売元:文藝春秋
(2011-02-25)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る


早速 ブクログでも感想を書きました。でもここでは、本の感想とは直接関係ないところを、あれこれ書いていこうと思います。

Twitterで岡田斗司夫さんをフォローしているので、この本の存在については知っていて、買ってみようと思っていました。でも、書店で見かけず、Amazonでも注文しそびれているうちに、例の3月11日の地震です。仕事が忙しかったこともあり、見事にこの本に対する意識が、頭からすっ飛んだままになっていました……(汗) もっとマメにメモをしておく性格だったら、こんなことにはならなかったでしょうね。

ともあれ、先日、書店で偶然、この本を目にしました。そのときに「あーっ! この本、読もうと思っていたんだ」と思い出した、のんきな私……。このチャンスを逃してはならないということで、しっかりその場で購入しました。

3年ほど前に、『いつまでもデブと思うなよ』を読んでダイエットにそこそこ成果があったので(夫は15圓舛く減量して維持、私は大デ○が中デ○になったくらい)、「また興味深い内容かな?」と思いながら購入しました。「あなたを天才にする」というフレーズは、知らない人が見たら驚くような大胆なタイトルだと思いますが、そういう警戒感はありません。

昨日「もっと本を読まねば!」と思ったので、その勢いに乗って、一気に読んでしまいました。まだ実践は一切していないので、読んだ感想だけを書きます。

やはりレコーディングダイエットと同様、ハードルの低いところから始めます。「これくらいなら、できるかも」という作業を毎日コツコツ積み重ねて、慣れてくると、「やっぱりそんなに難しくなかった。もっとフェーズを進めたい」と思うのです。私自身も、読んでいて「これならできるかも」と思いました。もともと書くことは苦にならないので、第2フェーズから始めちゃっても大丈夫かも……などと考えるくらいです。

実は、「これならできるかも」と思ったのには、理由があります。

以前に、入門編というレベルですが、マインドマップの講習を受けたことがあります。マインドマップの考え方は理解しているし、納得しているのですが、どうもうまく書くことができません。いろいろ分析してみると、「マインドマップの形に合わせて書かないと!」という意識が強くなって、かえって自由に書けなくなってしまうようです。

スマートノートの使い方のほうが、「こうしなければならない」という縛りが少ないぶん、私の性に合っているのではないかと感じています。

実践の成果は、このブログで報告できるかな〜、と考えています。

――が、「毎日書く練習をするぞ」とブログの更新を続けてきた身には、
ブログは表現の場であって、基本、面白いことしか書いちゃいけないんですよ。
が気になります(汗)

ブログの内容に面白いことが増えてきたら、「ああ、スマートノートの成果が出ているんだなあ」と考えていただければ幸いです(苦笑)

uriel_archangel at 17:32 | 学び 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード