May 02, 2011

* WILLCOMのWX340Kの使い心地

PHSの機種変更をしてから、10日ほど経ちました。今はメインでは使っていないので、ほとんど通話などはしていませんが、使い心地というか、所有してみた印象を書きます。

その前がAdvanced [es]だったこともありますが、いろいろと違うところが多いです。

まず違うなあ、と思ったのが、重さです。Advanced [es]は機能が多かったこともあり、重たかったのですが、WX340Kは、それと比べると、びっくりするほど軽いです。通話でもあまり使っていないのですが、やはり今までに比べるとクリアーに聞こえます。

前回の機種変更から3年経ってようやく、「私の使い方では通話メインの機種で十分」ということに気付いた、と言えます……。

そう感じられるようになったのは、docomoの携帯で文字入力に慣れた、というのが大きいとは思います。Advanced [es]にした当時は、携帯での文字入力がとても遅かったので、キーボードが使えるというのは魅力的でした。でも今はだいぶ慣れたので、キーボードでなくてもいいかな、と思えるようになりました。

ただ、携帯(今までのところNシリーズばかり使っています)とは文字の配置が違うので、場合によってはマニュアルでの確認が必要なこともあります。これは余談ですが、機種自体が1年以上前のものだからか、マニュアルが厚いです。N-02Cは、使い方ガイドが本体に入っていることもありますが、マニュアルがとても薄いです(これはApple社製品の影響かなあ、と思います)。

カメラは使わないし、ネットにも接続しないので、通話とメールのことしか書けませんが、今のところ問題なく使っています。マナーモードもオリジナルの設定ができるので、普段は、呼び出し音などは鳴るけれど、応答しないときは伝言が録音できる、という状態にしています。

uriel_archangel at 23:22 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード