May 19, 2011

* フェルメール《地理学者》とオランダフランドル絵画展


会期最終週になって、ようやくBunkamura ザ・ミュージアムに行きました。平日の午前中ではありましたが、結構な人出です。展示されている作品を見たい角度から自由に見る、ということはできません。

最近は、こういう展示会で音声ガイドがあるのが一般的になりました。ベルギーやオランダの美術館では、音声ガイドのおかげで作品鑑賞の理解が深まりました。さすがにオランダ語やフランス語だけの展示では、何が何やら、ですから。ともあれ、それ以来、積極的に音声ガイドを使うようにしています。今回も音声ガイドのお世話になりました。

すべての作品に解説があるわけではありませんが、とても参考になりました。

確かにメインはフェルメールの《地理学者》です。ではそのほかの作品はおまけかというと、そんなことはありません。肖像画・風景画・静物画・風俗画など、当時のオランダやフランドルでよく描かれたジャンルの絵が、解説とともにまんべんなく見られます。

確かに大作ではないのですが、有名な画家の作品も見られます。
ルーベンス、レンブラント、フランス・ハルス、ヤン・ブリューゲル、ロイスダール……
17世紀オランダ・フランドルの絵画がこれだけまとまって見られるというのは、日本ではなかなかチャンスがあることではありません。

逆を言うと、フェルメールだけを目当てに行って後は適当に見る、というのでは、とてももったいない内容です。ぜひ、(できれば音声ガイドも使って)展示されている全作品をじっくり味わってください。東京はもう終わってしまいますが、この後豊田市美術館で開催されます。

肖像画では、フランス・ハルスの筆づかいと、生き生きとした表情が好きです。今回展示されている作品は、有名なものではありません。でも、彼の作品の特徴がよく表れていると思いました。ルーベンスもレンブラントも、「さすが」な作品です。

静物画では、実は果物の透明感にうっとり……。いくら写真が実物を忠実にうつしても、被写体が常に理想的な美しさやあり方を示しているわけではないでしょう。なので、絵画には絵画にしかできない表現や、価値があると思います。実は、描かれた果物が気に入りすぎて、最後のショップで、静物画の絵葉書をあれこれを購入してしまいました(笑)

現代の(専門知識のない)私たちには、静物画や寓意図の意味するところが、すぐにはピンときません。専門書を読んでもすぐには分からないかもしれませんが、もうちょっと踏み込んで理解できるようになりたいなあ、と思いました。

風俗画というか、当時の人々を描いた作品も興味深いです。絵を発注するのはお金持ちの市民なので、農民は嘲笑の対象になっています。ブリューゲルのように個性のある存在としては描いておらず、ステレオタイプ的でした。でも、(無教養な)市民自身も嘲笑の対象になっているのは、オランダ的なユーモアかなあ、と思います。

今回は、図録は大きい&重たいので、購入はやめました。「この時代のものなら、この展覧会の図録でなくても、解説する本はたくさんあるかな」と考えたのが理由です。気に入った絵の絵葉書を購入しました。あと、カプセルトイでマグネットにチャレンジしたら、『手紙を読む女』でした。

会場を出たときはもうお昼でした。ドゥ・マゴ・パリのテラスは明るくて雰囲気がよく、ランチをいただいたらとても気分がよさそうでした。が、予算と時間の関係で断念しました(汗) ナディッフ モダンも、眺めているだけで楽しめました。

実は視聴しそびれてしまったのですが、BS日テレの『ぶらぶら美術・博物館』で、この展覧会が紹介されていました。番組の内容紹介はこちらです。それなりに知識はあるので楽しめますが、山田五郎さんの解説を見てから行きたかったです……。

実は、静物画にオウム貝などの南洋の貝らしきものが描かれていて、「ああ、これは『ぶらぶら美術・博物館』で、レンブラントのときに山田五郎さんが言っていた貝(大航海時代に東南アジアからもたらされたもの)だなあ」と思いながら眺めていました(笑)

こうやって、点でしかなかった知識がつながって線を作るのが、あちこちから知識を仕入れたときに面白いところです。

uriel_archangel at 16:27 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード