July 07, 2011

* チャレンジか無謀な試みか……

このところ、積極的に翻訳関連の仕事情報をチェックする日々です。

実は、とても気になっている仕事の情報があります。仕事内容が、「こういうの、やってみたいと思っていました」というものなのです。でも私には、応募条件とされている経験がありません(足りないのはそれだけではないのですが)。なのでその情報を、「いいなあ」と指をくわえて眺めているだけの状態です。やる気は売るほどあるのですけれどね。ただ、先方の求める条件に合う人はなかなかいないだろうなあ、と思っています。

こういう場合、「どうせダメもと」ということで、条件に合致しているわけではありませんが、思い切って手を挙げてみていいのだろうか……という考えも浮かびます。書類選考でハネられるというのは何度も経験しているので、それくらいではへこたれない自信があります。

ここで獲らぬ狸の皮算用をすると、「で、運よく採用されたら、今抱えている仕事全部、ちゃんとこなせるの?」なのです。ただでさえ兼業翻訳者なのに、それに加えて複数のプロジェクトに参加するということが、果たして自分にできるだろうか? と思っています。

まあ、先方の求める条件を実に満たしていないので(苦笑)、ここでああだこうだ悩む必要もなく、「残念ながら……」というお返事が来る可能性のほうが高いと思っています。

でも世の中には、「万が一」とか「まさか」いうこともあるので、それなりにシミュレーションしないといけません。もしかしたら、時間の使い方が今まで以上に上手くなるかもしれないので、多少のプレッシャーは必要だろうとは思います。でも、今まで以上のプレッシャーが必要かどうか……? というのも、頭に浮かんでいます。

こうやって書いていると、我ながら、とことんポジティブシンキングで能天気ですよね。でも、何度も書いていますが、フリーランスとして生きていくには、こういう考え方ができないと、いろいろな場面で精神的に辛くなりますよ。

とりあえず、いろいろな可能性を考えようと思っています。

uriel_archangel at 23:35 | 仕事 
Permalink | Comments(2) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by urumi   July 08, 2011 00:24
そういうのは、だめもとでもいいから応募したほうがいいと思うよ。やらないで後悔するよりはいいのでは?
2. Posted by REMI   July 08, 2011 09:02
そうなんですよね〜。「応募動機」みたいなのを書かなければならないので、これに時間がかかりそうです。そして、他にも気になるお仕事情報が! こっちのほうが応募しやすいかも! と、目移りしてしまいます。

今回考えているお仕事、実は私よりurumiさんのほうが、経歴的に応募しやすいものです。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード