July 09, 2011

* 国際女性ビジネス会議には名刺をお忘れなく

気が付けば7月も、七夕を過ぎていました。あれこれ忙しくしていて記憶からきれいさっぱり抜けていたのですが、

「7月23日は、国際女性ビジネス会議だ」

なのです。もちろん、今年も申し込んでいます。マッチングスポンサーになれる状態ではないので、一般参加者としてですが……。そして、第10回から参加している私は、7回目の参加になります。初心者だったはずが、気が付けば「何度も参加されているんですね〜」と感心されるレベルになっていました。

今年は節電の関係で、朝早く始まりお昼過ぎに終わるとのことですが、それでも充実した内容であることは間違いないと思っています。それにしても、朝食をどうしましょうか。いつもは9時開場なので、会場や隣のホテルで朝食を楽しんでから……というのんきなことをしていました。実はこれも、私にとって楽しみの1つでした。でも、今回は7時開場です。途中で軽食を食べて行く、というのが現実的でしょうね。

最初は「開場後に食べるかなあ」などと考えていたのですが、「いや、これはやめたほうがいい」と、すぐに方針転換しました。食べる時間がもったいないのです。

どういうこと、と思われるかもしれませんが、これは国際女性ビジネス会議を知っている人なら、「そうだよねえ」と納得してもらえると思います。

今年はどういうレイアウトか分かりませんが、午前の部は、ランチがあるため、円卓に座ります。ここで積極的に前のほうの席を取るのですが、そうやって着席したらまず何をするかというと、近くの席の人と名刺交換をするのです。

講演や分科会も非常に学ぶところの多い国際女性ビジネス会議ですが、それと同じくらいかそれ以上に、ネットワーキングも重要です。とにかくポジティブで元気な人たちばかりなので、こういう出会いがあるのも楽しみの1つです。なので、会場で朝ごはんを食べるというのは、「ネットワーキングの時間が減ってしまってもったいない!」になるわけです。

ビュッフェ形式の食事の場だけがネットワーキングの機会ではありません。分科会でも、近くの席にいる人と積極的に名刺交換します。なので、よく「名刺をたくさん持って来てください」と書いてあるのですが、本当に積極的に動くと、100枚では足りないとなる人もいるかと思います。

そこでタイトルのとおり、「名刺をお忘れなく」なのです。会社の名刺である必要はありません。せっかくたくさんの人と出会う機会ですから、会社の名刺を使わず、個人の名刺を作って持ってくる、というのもよいと思います。

私は、仕事用の名刺ではありますが、翻訳者というだけでなく、夢というか、「やりたいこと」も入れたものにしています。だから、個人の名刺も、ただ名前と連絡先だけでなく、「こういうことがしたい」というものを入れてみてはいかがでしょう。そうすると、物事がそちらの方向に動き出すのではないかと思います。

私自身は、裏面に入れたプロフィールを改訂しようか……と考えています。やっぱり1年経つと、状況が変わったこともありますが、自分のフォーカスしているものが変わってきます。でも、発注を考えると、来週半ば(と書くと長そうですが、あと4〜5日くらいでしょうか)には確定しないといけません。

私が使っているのは、銀座名刺です。いろいろなデザインから選べて、素敵な名刺が作れます。私は、表面のデザインは銀座名刺にあるものにし、裏面は自分でWordで作った原稿を使っているのですが、こういうイレギュラーな構成にも対応してもらえます。

国際女性ビジネス会議で、多くの方にお会いできることを、楽しみにしています。

uriel_archangel at 15:43 | 仕事 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード