September 07, 2011

* LOFTで「ほぼ日手帳2012」を見てきました

忙しくて時間がないもので、小さな店舗に行っただけでなく、「ほぼ日手帳」しか見ていません……。しかもというか、カズンに不具合があって店頭からなくなっていたため、「あれ、これだけ?」という感じでした。いつもは大きな店舗に行って、他のスケジュール帳も眺めているのです。

それはともかく、実物を手に取ったり目で見て確かめたりできるのは、「どのカバーにするか」の参考になって、ありがたいです。

――で、あれこれカバーを見てきた感想を。現在購入できるモノトーン・プリント・ファブリックはほとんど見られましたが、ドット012はそのお店にはありませんでした。あと、サンプル的にクラシックルージュのカバーも見られました。

モノトーンのカバーは、私の趣味に一番合っていたのはローズでした。派手すぎず上品な感じのピンクで、とてもかわいかったです。私が持つのはどうだろう、という感じですけれど……(汗) 全体的に、PCで見ていた色よりも落ち着いているというか、ちょっとくすんだような感じがしました(注:当然ですが個人の感想なので、ディスプレイなどの環境や人によって感想は異なります)。

面白かったのは、「ホワイト・チドリ」が、ディスプレイで見るのと違って、ぱっと見たときに千鳥格子だと分からないということです。「千鳥格子」というより「幾何学模様」という感じです。プリントカバーはどれもいい感じでしたが、年齢的に千鳥格子は「まんまオバさん」なので、選ぶとしたらそれ以外ですね。

ファブリックカバーにもひかれますが、カバーオンカバーをつけてキレイに使いたいタイプなので、やはり選ぶとしたらモノトーンやプリントからかなあ、と思います。

でも、それだけではありません。実は、革のクラシックルージュのカバーが、なかなかいい感じでした。2007年にエンボス加工の革カバーを使ったのですが、端っこからはげてきてしまい、ちょっと悲しい感じになってしまったのです……。仕上げが違うのでそのせいかもしれませんが、今年のカバーのほうが、長持ちしそうに見えます。触った感じも気持ちよかったです(笑)

というわけで、どのカバーにするか、まだまだ悩むことにします。

uriel_archangel at 23:55 | 時間管理 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード