November 03, 2011

* 気になる展覧会@三菱一号館美術館、国立西洋美術館&Bunkamura ザ・ミュージアム

実は、じっくりと調べて書く時間が作れず(『ぶらぶら美術・博物館』の感想をぱったりと書かなくなったのも、これが理由です)、展覧会チェックも「電車でポスターを見る」レベルでした。今日は久々に時間ができたので、まとめて書きます。
トゥールーズ=ロートレック展三菱一号館美術館
何年か前のフランス語講座(ラジオ)で、ロートレックの手紙を取り上げたものがありました。「聞くだけ」状態だったのですが、興味深い内容でした(ということしか覚えていませんが……)。彼の人生を知ると、作品も違って見えます。会期は12月25日(日)まで。

プラド美術館所蔵 ゴヤ 光と影国立西洋美術館
私より家族のほうが行きたがっています。やっぱり『着衣のマハ』が有名ですね〜。やはり当時の社会情勢や歴史を知ると、とても興味深いものです。会期は2012年1月29日(日)まで。

フェルメールからのラブレター展Bunkamura ザ・ミュージアム
Bunkamura ザ・ミュージアムの改修工事終了後の展覧会です。フェルメールは作品数が少ないですから、当時のオランダ絵画もいろいろと紹介されます。フェルメールだけでなく当時の絵画にとても興味があるので、どんな作品が見られるか楽しみです。会期は2011年12月23日(金・祝)〜2012年3月24日(水)です。

さて、いつ行く時間が作れるかな〜、と思っています(汗) 時間は作らなくてはいけないのですけれど……。息子の受験が終わる前に会期が終了してしまうものは、ちょっと大変かもしれません。

uriel_archangel at 23:32 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード