April 12, 2012

* 気になる展覧会チェック(20120412)

自分のブログで「展覧会」のタグをチェックすると、気になる展覧会の情報がまとめて見られて便利だなあ、と思っています。サイトへのリンクはもちろん貼っていますが、会期も書いているのが意外と役立ちます。自画自賛。

それはさておき、結局、2011年10月〜2012年3月は、美術館や博物館の類にまったく行けませんでした。息子の中学受験で気もそぞろになり、山のようにあったわけではない仕事がはかどらなかったのが大きかったです……。当然、見逃してしまった展覧会も(1つどころでなく)ありますが、過去は気にせずチェックです。
  • 東京国立博物館
    「ボストン美術館 日本美術の至宝」(2012年3月20日〜6月10日)
    奈良や京都に行くと、廃仏毀釈で破壊されたり、海外に流出したりしてしまった貴重な作品が多いことを感じます。なので、日本美術に興味があったら、こういう海外の美術館の所蔵品の展覧会は欠かせないと思います。素晴らしい作品が目白押しでしょうね。

  • 国立科学博物館
    「インカ帝国展」(2012年3月10日〜6月24日)
    どうも「生贄」の文化というか、人々の考え方が理解できないのですが、それでもやっぱり気になります。インカ・マヤ・アステカの時代や地域が、頭の中でごちゃごちゃになっているのは秘密です……。
    「元素のふしぎ」(2012年7月21日〜10月8日)
    「菌類のふしぎ」を思い出す名前の付け方ですね。元素記号や周期表が大好きな息子には外せない展覧会だと思います。やっぱり、親しみやすいキャラクターを作るのでしょうか……。

  • LIXILギャラリー1・東京
    鉄川与助の教会建築 -五島列島を訪ねて- 展(2012年3月8日〜5月26日)
    偶然見ていた旅チャンネルで鉄川与助の建築を紹介する番組を放送していて、ふと思い立って検索していたら、こういう展覧会があることを知りました。遠藤周作の『沈黙』を(通して)読んで以来、長崎の隠れキリシタンが住んでいた地域は、とても気になっています。ハウステンボスも面白そうですが、こういうところをめぐる旅をしてみたいなあ、と思っています。

  • 埼玉県立近代美術館
    ウルトラマン・アート!時代と創造―ウルトラマン&ウルトラセブン(2012年7月7日〜9月2日)
    これは以前、茨城県近代美術館でも展示されていたものです。巡回展で、東京から行きやすい埼玉でも開催されることが分かりました。展示会のリンク先は、このブログを書いている時点では、開催している長崎の情報になっています。どういう展示かが知りたい場合は、『ぶらぶら美術・博物館』での放送内容の紹介がおすすめです。とても興味深い内容です。

前回は美術(絵画)が多かったのですが、今回はさまざまな分野のものがアンテナに引っかかりました。開催中のものが多いので、今度こそ、終わってしまう前に行かなければ! です。

uriel_archangel at 20:17 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード