April 25, 2012

* 香りの記憶

先日、息子の学校の保護者会に行った時のことです。

当然ながら保護者がたくさんいたわけですが、その中で、ふっと香水の香りが漂いました。その香りをかいだ私は、

「あ、おばあちゃんだ!」

と思いました。

実はその香水の香りは、亡くなった祖母が使っていたものと同じだったのです。

私にとっては、祖母が使っていたので「古い香り」というイメージです。なので、保護者会で久しぶりに出会うとは思っていませんでした。

不思議なもので、今このブログを書いている時点では、「それはこういう香りで……」という説明はできません。当然ながら、どのブランドのどういう香水、というのも分かりません。でも、香りをかぐと、「これはおばあちゃんの香水だ!」とすぐに分かるのです。

嗅覚はダイレクトに脳に伝わるからか、記憶と結びつきやすいというのは、何年も前に受講したアロマテラピー講座で学びました。

それを実地で体験したなあ、と思いました。

uriel_archangel at 23:09 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード