May 08, 2012

* 大型連休中に《庭のホテル》で朝ごはん(追記あり)

何度か書いていますが、ホテルで朝ごはんを食べるのが好きです。ディナーは敷居が高いし、ランチはそうそう行けるものでもないですし。朝ごはんはとてもリーズナブルです。それでも、そんなにしょっちゅう行けるものではないですが(予算だけでなく、時間の問題もあります)。

というわけで、連休中はこのホテルに行きました。
以前に国際女性ビジネス会議でこちらの社長さんにお会いして以来、「素敵なホテルだなあ」と気になっていたのですが、受験生を抱える余裕のない身ではそれどころではなく、そのまま、になっていたのです。

そこで今回、行ってみることにしました。サイトで調べたところ、
「流(りゅう)」の朝食はブッフェスタイルです。発酵バターを使用した焼き立てのパン。サラダ&ハーブバーには、約20種類もの瑞々しいオーガニックの野菜とフレッシュハーブが並びます。薫り高いオリーブオイルで作られた自家製ドレッシングと共にどうぞ。卵料理はスクランブルエッグ・プレーンオムレツ・目玉焼きなどお客様のお好みに調理し、テーブルまでお運びします。
です。期待しないわけにはいきません。

ホテルは、「こんなところにあったんだ〜」という感じで、まさに「隠れ家的」です。普通のオフィスしかないと思っていた一角に、ホテルはありました。ロビーは天井が高く、豪華ではありませんがとてもよい雰囲気です。ちょうど朝ごはんどきということで、10分ほどロビーで待ちます。

そして、本題の朝ごはんです!

庭のホテルで朝ごはん

――すみません、食べるのに夢中で最初に食べたサラダとオムレツを撮り忘れました(汗)

野菜はいろいろな種類が選べました。せっかくなのでハーブのドレッシングを選びましたが、美味でした。写真にもありますが、スクランブルドエッグはビュッフェで選べます。目玉焼きとオムレツ(プレーンのみ)は頼むと焼いて持って来てもらえます。オムレツはケチャップでいただきました。

ソーセージは3種類ありました。一番奥に見えるのがチョリソーで、後から辛さがじわじわ〜と襲ってきます。ハッシュドポテトがとても「カリカリ」としていて美味しかったです。肉は、この他にベーコンがありました。スープはミネストローネでした。

パンは、食パン・バゲット・クロワッサン・ペストリー各種がありました。ジャムは3種類ほど。バゲットは皮がパリパリ・カリカリで、クロワッサンはバターの風味がたっぷりで、とにかく美味でした。

あとは、フルーツが何種類かと、ヨーグルトもありました。ジュースはオレンジ・アップル・グレープフルーツです。

和朝食を「縁」で出しているので、和食はないかなあ、と思っていたのですが、ご飯・お味噌汁・和食のおかずもひととおりありました。こちらは見ただけなのですが、美味しそうでした。ご飯大好きな息子は、こういう朝食では、ご飯・お味噌汁・サラダ・ソーセージを食べるのが定番なのですが、必要なものが全部揃っていて、大満足でした。

決して店内が広いわけではありませんが、周囲の物音やおしゃべりが気になるということもなく、やはり天井が高くてゆとりがある感じで、落ち着いた雰囲気で食事ができました。レストランに限らず、ホテルのスタッフの方々の対応もとてもよかったです。

家からも行きやすい場所なので、「また来ようね」と家族で話しました。

――とあれこれ書いていて、まだ奈良旅行の記録を終わらせていないことを思いだしました(汗) あちらも何とかしなければ、です。


【追記】
この記事を書いた後に分かったこと:
  • スクランブルエッグがビュッフェ台にあったのは、混雑していたためです。通常は、卵料理(スクランブルエッグ・オムレツ・目玉焼き)はリクエストに基づき調理します。
  • 「縁(ゆくり)」の和定食の朝食は、土日祝日のみの提供です。


uriel_archangel at 10:49 | 日々の記録 
Permalink | Comments(1) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事へのコメント

この度は、庭のホテル 東京へお越しいただき、誠にありがとうございます。
また、グリル&バー流(りゅう)にて朝食をご利用いただき、
心よりお礼を申し上げます。

ご家族皆さまに、ごゆっくりとお過ごしいただけた様で、大変嬉しく存じます。
是非、次回は、日本料理 縁(ゆくり)をご利用下さいませ。

又のご利用をスタッフ一同、
心よりお待ち申し上げております。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード