June 04, 2012

* 気になる展覧会チェック(20120604)

以前も書きましたが、こうやって記録しておくと、「展覧会」タグや「講演会・展覧会」カテゴリを、自分用メモとして活用できます。

展覧会に行くとチラシがチェックできるので、この週末で集めたチラシを確認しました。
  • 江戸東京博物館
    日本橋 描かれたランドマークの400年(2012年5月26日〜7月16日)
    最近、再び脚光を浴びている日本橋について。都市計画などに関する本を読んでいると、たいてい、明治以降の日本橋の扱われ方は評判が悪いです。そんなふうに扱われても、人々の関心が失われることのない日本橋について、いろいろと知ることができればと思います。

  • 国立西洋美術館
    クラインマイスター:16世紀前半ドイツにおける小画面の版画家たち(2012年6月13日〜9月17日)
    これは、ベルリン国立美術館展 学べるヨーロッパ美術の400年に合わせて開催されているものです。中世ヨーロッパ好きで、それに関する本をよく読んでいると、このような版画が本に掲載されていることがよくあります。私のような門外漢からすると、名前も知らない画家の作品ばかりです。でも、当時の雰囲気を知る貴重な資料です。西洋美術館所蔵の作品が見られるということで、これも楽しみです。

  • 国立新美術館
    リヒテンシュタイン 華麗なる侯爵家の秘宝(2012年10月3日〜12月23日)
    ルーベンス、ヴァン・ダイク、レンブラントなど、バロックがいっぱい! とのことなので、中世〜バロックが大好物な私は、とても期待しています。室内装飾を再現した「バロック・サロン」もあるし、時代は異なりますが、しっかり見たことのないビーダーマイヤー様式の絵画もあるとのことなので、楽しみです。

  • 東京国立博物館
    「出雲−聖地の至宝−」(2012年10月10日〜11月25日)
    現在は、京都で開催中のようです。出雲は、気になっているけれど、なかなか行く機会のない場所です。大阪に住んでいるときに行ければよかったかも、という感じです。ともあれ、「いつか行く日のために!」予習をしたいと思います。

これまで記録してきた展覧会は、4月以降、なるべく時間を作って行くようにしています。息子の受験が終わったこともあって、気持ちにも余裕ができました。あとは、仕事を頑張って時間を作るだけです。

uriel_archangel at 23:57 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード