June 08, 2012

* 心を決めると、決めたように動きます

先日、先立つもの(というか仕事の見込みというか)から2つのイベントの参加不参加を考え、「どっちにも参加する! 参加費は何とかなる!」という結論に達しました(詳細らしきものはこちら)。

興味深いことに、その後、さらに仕事の打診がありました。「もうちょっと仕事ができるなあ」と思っていた時期に、それがピタッとはまったのです。

やっぱり、「私、働きます!」と決心するというか、腹をくくると、ちゃんとそういう状態になるのです。「こうやって決めると、何とかなるんだよなあ」とは思っていましたが、こんなにすぐに結果が出るとは思っていませんでした。

いつでもそういうふうに思った通りに動くかというと、そうでもありません。何年も前のことですが、「仕事が少ないから、翻訳ではなくて、外でフルタイムの仕事を探そうかな」と思って動いたら、上手くいかなかった、ということがあります。

そうこうするうちに、なぜかそれまであまりお声がかからなかったはずの翻訳の仕事が忙しくなって、「フルタイムの仕事を探すどころではないなあ」となって、仕事探しからフェードアウトする、というのがよくあるパターンです。

今のバイト先を見つけるときは、PTAで役員をしていたこともあり、「子供のことを優先する・在宅での仕事もしていることを理解してくれる職場を探す。それに対する理解があれば、仕事の内容や待遇は問わない」と決めていました。結果として、面白いくらいすんなりと決まったのです。

私は条件が不利なので(企業で働いた経験がないetc.)長期戦を覚悟していたのですが、何度か経験した「仕事探し」では、一番期間が短かったです。本格的に探し始めてから3週間くらいでした。履歴書用の写真を何枚も用意していたのですが、2〜3枚しか使わずに終わってしまいました。ネットで仕事探しをしていたこともありますが、それだけ応募できる仕事も少なく、面接にこぎつけたものも少なかったというのもあります。

しかも、見つけた職場は通勤時間に15分もかからない場所だし、待遇は仕事の内容を考えたら悪くないという、びっくりするほど(私にとっては)恵まれた環境でした。

まとまっていませんが(毎度のことですね……)、「意志の力」ってあるなあ、と思います。目指すものがはっきりしていると、それに向けて周りが動き出すのです。本当は違うのかもしれませんが、自分を中心に考えていると、そういうふうに思えるくらい、すんなりと話が進みます。

ということで、大切なのは、ビジョンをしっかり持つ、ということでしょうか。忙しさに流されていると、「お金を稼ぐぞ!」そのものが目的になってしまっていると、こういうことはできませんね。

そんなわけでこれからしばらくは、「私はiPod touchを手に入れる!」という気持ちを強く持って、チャンスをつかんでいこうと思います(笑)

uriel_archangel at 23:59 | 仕事 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード