June 10, 2012

* 「ネット上の有料メディア」と呼べるもの

Twitterで私がフォローしている方が複数参加されるので、何度か情報がTLに出ていました。そんなわけで、16:30を目指して、ニコニコ生放送に行ってみました。

ニコニコ動画はもともと会員登録していたので、すんなり入れました。内容に関心はあったのですが、映像を見ながらの作業中だったため、音声が大きいとワケが分からなくなってしまうため、残念ながらBGM状態になってしまいました。意味ないですね……。

ともあれ、「残り30分切ったな〜」と思ったあたりで、音声が聞こえなくなりました。「あれ?」と思ってサイトを見たところ、満員になってしまい、ヒラ会員の私は会場から出されてしまったのでした。

では、これを機にプレミアム会員になるかというと、難しいところです。確かに、プレミアム会員になるために必要なお金は、大きくはありません。定期的に買う雑誌が月1冊増える、程度でしょうか。そんなに頻繁にニコニコ動画にアクセスしているわけではないので、毎月自動的に、深く考えずに会費を出していいものか? と思うのです。

さらに、そういうふうに気になっている有料サービスは、ほかにもあります。分かりやすく言うと、メルマガです。ニコニコ動画にしてもメルマガにしても、使い方を考えると、「有料サービス」というより「有料メディア」という感じでしょうか。

これも、月1冊定期的に雑誌を買う、という感覚で問題ない程度の金額です。月額をさらにメルマガ1号分にしてみると、自動販売機でジュースを買うより安くなるかもしれません。

でも、「そんなに高くないし」という雑誌でも、3冊4冊とかごに入れてレジに行けば、月々の出費はそれなりのものになります。こういうサービスは、加入して利用していないと困る! というものでもないので、こうやって考えてはいますが、特に行動を起こさずに現在にいたる、という感じです。

冷静に考えると、そんなにあちこちのチャンネルを見るわけでもないCS放送も、「バリューセット」みたいなプランでお金を払っているわけですから(私の財布から、ではありませんが)、なんでネットの有料メディアにはこんなに足踏みしているのだろうと思うと、自分で自分が不思議です。

有料メルマガの購読については、このところずーっと考えているので、それに関連して、「では、自分がオンラインで小説を公開しよう! となったら、1つの作品の金額をいくらに設定するのか」とか、「どういう形で有料化するのか(全体を有料にするか、一部無料で公開するか、とか)」とか、いろいろと思いついていたところでした。

ちょうどそういうタイミングで、ニコニコ生放送で会場から出されたので、既存のメディアとネット上のメディアと、あれこれ考えるきっかけになりました。

結論から言ってしまうと、自分がそうやって有料メルマガに手が出ないのであれば、人に「自分の書いたものをお金を払って読んでくれ」とは言えません。なので、こういうものをもっとポジティブにとらえるべきだろうと思っています。

uriel_archangel at 21:59 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード