July 21, 2012

* 知らないうちに身についていた?

幼稚園・小学校と、息子は小さいところに通っていました。

幼稚園は、同い年の子は18人くらいだったのですが、それでも「近年まれにみる大人数」と言われていました。小学校は、最終的には転校生が増えて30人台にはなりましたが、最初は27人でスタートし(1クラスではなく1学年ですよ〜)、全校児童も200人程度という、やはり小規模な学校でした。

こういう環境にいるとどうなるかと言うと、「名前で呼ぶのが当たり前」になるのです。他の学年の子でも、です。私は人の名前と顔を覚えるのが苦手で苦労しましたが、それでもこれくらいの規模だとなんとか覚えられます。

一方で中学校は、1学年の人数が小学校よりも多いくらいです。そんなわけで、苗字で呼んでいるようです。でも、親の私自身はこれまでの習慣で、保護者同士でお話しするときも、「えーと、こちらのお子さんのお名前は……」と、一生懸命名前を思い出そうとしています。

人数が多すぎてフルネームが覚えられなさそうなので、どこかで(無意識のうちに)あきらめるかな、と思っていますが。

uriel_archangel at 23:54 | 子どものこと 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード