July 22, 2012

* 最近くりかえし読んでいる本

時間つぶしに本を読むタイプなので、旅行に行くときは、文庫本を持って行きます。こういうときに新しい本を買うことは少なくて、「何度でも読みたい本」を持って行きます。最近のお気に入りはこれです。先週の京都旅行にも持って行きました。

中世賎民の宇宙―ヨーロッパ原点への旅 (ちくま学芸文庫)中世賎民の宇宙―ヨーロッパ原点への旅 (ちくま学芸文庫)
著者:阿部 謹也
販売元:筑摩書房
(2007-02)
販売元:Amazon.co.jp
クチコミを見る

『ハーメルンの笛吹き男』と『中世の星の下で』は、本当に「何度も何度も」読んだからか、最近はこの本を選びます。中世ヨーロッパ好きにとっては大変興味深い内容で、しっかり内容を頭に入れたいという思いがあるからか、「くりかえし読む本」に選んでいるのでしょう。

実はこの本は「トイレの友」にもなっているのですが、学生時代のように本を読んでいるわけではないので、まだまだ頭に入っている状態ではありません。思うと、学生時代は時間が余ると本を読むしかありませんでした。今なら、家でも旅先でもノートPCを開いてしまうでしょうし、移動中なら携帯電話をいじっていることが多いと思います。

今の生活のほうが便利だけれど、昔のほうが、確実に一生懸命知識を吸収していたのではないか……と感じます。ブログのネタがない、と、ボケーッとしている場合ではありません。反省。

本当は「この本のどこが興味深いか」を語りたいのですが、時間もないのでまたの機会に。

uriel_archangel at 23:04 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード