December 21, 2012

* 骨折した指の現状

正確な日付を忘れてしまったのですが、もうそろそろ手術をしてちょうど1年、というところです。

去年……というか、今年の初めよりも、他の指との差があまりありません。ボルトが入っているので、どうしても太さが違っていたり、実際にどうなるかはともかくぶつけたりすると痛いのではないかと気になったりと、そういうのはありますが。

今動かしてみて感じたのですが、曲げるのはほとんど遜色ないのですが、そらすのは怪我をしていない指に比べると、ちょっと痛いかな〜。あ、でも、こうやって動かしていたら、あまり痛くなくなったかもしれません。これは、「怪我をしたからと甘やかさずに、きちんと動かしたほうがいい」ということかもしれません。

抜釘は「また手術か……」と考えると、お財布の中身的にも気分的にもちょっと残念なところもあります。でも、その後はボルトを気にせずにすむというのはうれしいことです。実は整体で、手を組んであれやこれやすることがあるのですが、ボルトがあると、どうしても気になるのですよね。手を組むこと自体はいいのですが、そこに力が加わるのはちょっと心配になります。

それと、「冷えると痛む」というのが、他の指に比べて顕著、ということもありません。もちろん、多少は痛みがありますが、今年の初めのように、ずっと手袋をしていないと……という感じでもないな、ということが分かりました。このままだと、他の骨折をしたことがある指と同じように、寒い時期に何かの拍子に痛む、というのはあるかもしれないとは思います。抜釘をしたら、また変化があるかもしれませんが。

そういう状態ではありますが、最近はさらに気温が下がってきたので、夜眠るときは、手袋を忘れないようにしています。一度寝たら起きないタイプなので、布団の外に手が出たままになっていて、冷やしてしまう可能性があるのです……。

冷やさないようにしているのは、「怪我とは関係なく、年齢のせいで冷えに弱くなってきたから」というのがあるかもしれません(苦笑)

uriel_archangel at 23:56 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード