April 02, 2013

* 無線LAN環境があってこそのiPod touch

自宅が無線LAN環境でないと、iPod touchを持っている面白みは、半減どころか激減するなあ、と思います。仕事以外でPCを使っていたことの大部分は、iPod touchでできてしまうからです。

メールチェックはもちろん、mixiやFacebook、Twitterも見られます。PCからは見られても、i-modeでは閲覧に制限のあったサイトも、iPod touchなら大丈夫です。ネットサーフィンも、safariでそこそこできます。フィーチャーフォン(ガラケー)で感じていたストレスは、かなりなくなりました。

確かに小さなディスプレイなので、ネットサーフィンにもそれなりの限界はあります。でも、旅先での使いやすさを重視してiPod touchを選んだので、そこは割り切らなければなりません。iPadやiPad miniも併用できれば完璧だなあ、とは思いますけれどね。

フリック入力も仕組みが理解できたので、かなり慣れました。今では、携帯電話の数字キーを使っての入力よりも、こちらのほうが速いです。この入力なら指も疲れないし、一石二鳥です。なので、SNSへの投稿は、今では携帯は使っていません。

そういう感じでたいがいのことはiPod touchできますが、文字入力はキーボードを使ったほうが断然早いです。見渡せる文章の範囲も広いので、ざっと読み直したりするのもPCのほうが便利です。なので、このブログのように長文を書きたい! というときは、iPod touchではなくPCを使います。ブログにリンクを貼るのも、PCのほうが分かりやすいのですよね。

逆を言うと、このブログはもう更新したし、今すぐしなければならない仕事はない、という状態なら、わざわざPCを立ち上げる必要がありません。今までは必ずと言っていいほど、夜にPCを起動していたのですが、iPod touchだけですんでしまう日もあります。これも、自宅なら無線LANで常にネットに接続されている状態だからですね。

KindleアプリはAmazon.comのデータと連動させているので、無料でDLできる著作権切れの作品がいくつか入っています。バスや電車の中など、今までなら手持ちぶさたについついiアプリのゲームをしていたような時間も、洋書を読むようになりました。今は英語ばかりなのですが、ドイツ語の本も入れようとは思っています。積読が増えそうですけれど(汗)

こういう状態で、iPod touchは、自宅でも外出先でも活躍していて、とても便利に使っています。

uriel_archangel at 22:48 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード