April 23, 2013

* 最近のFAX機能付き電話は小さい!

実家の電話、やはり子機が使えなくなりました。もう10年くらい使っているものですから、バッテリーの寿命や接触の悪さが原因なのでしょう。ちょっと衝撃を与えると(ポロッと落としてみるわけですが)反応するのですが、すぐに何も言わなくなります。

母は、「まだインクリボンがあるのに……」と言っていましたが、「いちいち親機のところに行かなきゃいけないのは大変だよ!」と私が主張し、買い替えることにしました。四半世紀くらい前までは、電話ってそういうものだったのですけれど。でも、今になって「そういう生活をもう一度」というのは大変です。

母は、一番行きやすいディスカウントストアで電話を選んできました。兄が設定したのですが、驚いたのはそのサイズです。今までの電話の、6割くらいのサイズになっています!

今までの電話は、FAXで受信できるのはA4サイズまででしたが、本体のサイズ的には「B4の紙が通せるんじゃないの?」という感じでした。でも、新しい電話だと、「確かに、この機械だとA4サイズまでしか使えないなあ」と思わせる大きさです。子機もコンパクトで、まだ使っていないのですが、恐らく軽いでしょう。

10年でなくても、5年も経てば、技術は素晴らしく進歩するのだなあ、と思いました。

仕事場のFAXが、A3対応のレーザー複合機です。家族がリースしているもので、今のところ買い替えの必要もないので長らく置いていますが、次をどうするか、となったときに、そういう機種でも「たくさんの種類の用紙をセットしたい」というのでなければ、だいぶコンパクトになっているのだろうなあ、と思います。

そういえば、FAXやプリンターではありませんが、Wi-Fi対応のルーターもコンパクトで安価になり、設定も容易になっていましたっけ。

uriel_archangel at 20:20 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード