May 06, 2013

* せっかくネット上に何かを書くなら、明るく楽しいことを書きたい

佐々木俊尚さん佐藤尚之さんが言及されていたので、関連して思ったことを。これもまた、以前に似たようなことを書いたなあ、とは思うのですが。

こういうのって、結局、「誰に自分をどう見せるか」の問題だと思うのですよね。私は結構年数だけは長く「オンライン」(パソコン通信含む)なのですが、そこで感じるのは、

ネガティブなことを書くとトラブルを招きやすいし、ネガティブな人ばかり寄ってくる

ということです。本当にそうなのです。

「飾らない自分」を是とするのは、分からないでもありません。でも、何の工夫もせずにネガティブなことを書くと、その発言内容は、どこか自分の足を引っ張るものになります。自分で自分の首を絞めるというか。そして、ネガティブな発言には、思わず笑いたくなるくらい、「今まで見かけたことがないのに、どこから来たんだ?」というようなネガティブな人が寄ってきます。

なので、誰かの批判であれ、「なんてダメなんだ自分」という内容であれ、自分がネガティブな思いをネット上に流したら、その思いは、最低でもそのまま自分に戻ってくる、と考えたほうがいいです。大げさかもしれませんが、それくらいの覚悟が必要です。

匿名でいられる場所だと、あまりそういう心配をしないでいいので、気楽かもしれません。でもそれは結局、まさに殴り書きの落書きでしかないのですよね。「誰かとつながっていたい」という気持ちがないなら、それはそれでいいのかもしれませんけれど。

こう言うと「変なやつ」と思われるかもしれませんが、私はなるべく、「明るく楽しく」をモットーにしています。そうでないことを書きたいときは、人目につかない場所で、気を遣いつつコソコソやっています(汗)

他の人にも「こうしろ!」とは言いませんが、基本tweetしっぱなしのTwitter(フォローするかしないかは相手の勝手ですし)はともかく、SNSでは「これは自分がつながっている人のTLに出る」と意識すると、「あまりネガティブなことは書きたくないなあ」と思います。

書棚に並ぶ本やその人が食べるものでどんな人物か分かる、というのと同様、どんなTLになっているかは、ある意味その人の責任というか、その人が見えるというか。なので、「人が見ている」というのを意識して書いています。「人が見ている」を意識するのは、ブログでも同様です。

ネガティブなことを書くときは、この「トラブルを招きやすい」というのがあるので、非常に言葉を選んで書いています。これに手間がかかりすぎて、ふと「なんでこんな面白くないことが書いていある文章を、必死で推敲しているんだ」と思うのです。正気に返る、というか。そして、「どこかにアップするの、やめた―」になることがほとんどです。

で、タイトルのとおりですが、書くなら「明るく楽しいことを!」と思っています。そのほうが自分の気持ちも上がるし、読んだ人も悪い感じはしないでしょう。それを「リア充のふり」と言う人は……「そういう考え方なのね」と思うことにします。大事な自分の人生ですから、自分が評価しないでどうする、なのです。

ネガティブなことをどうしても書きたいなら、チラシの裏にでも書いとけ、という話です。

《おまけ》

uriel_archangel at 17:48 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード