May 14, 2013

* 丸墓山古墳に登りました

小学校5年の1学期まで埼玉県の小学校に通っていた私は、実は5年生の遠足で、このあたりに来ていたようです。吉見百穴をバスの窓から見た記憶があります。これって中学だったかな……。それと、利根大堰も見たような。なぜ遠足の目的地に選ばれたのかがよく分からないのですが(汗)

そして、さきたま古墳群も、そのときに来ていたのです。丸墓山古墳に登った記憶があります。

――で、今回も登りました。というか、あちこち行き過ぎて、このあたりはあまり時間がなく、丸墓山古墳がせいいっぱい、という状態でした。

小学生当時の私は何も知りませんでしたが、『のぼうの城』でもあったように、豊臣勢が陣を張った場所と思うと、感慨深いものがあります。

丸墓山古墳から忍城を見る

忍城の方向を撮影しました。やぐらが見えるかな〜。今も戦の当時と変わらず……ということはないでしょうが、周囲を田んぼに囲まれています。

丸墓山古墳からの風景

石田三成には、当時はどのような風景が見えていたのでしょう。

丸墓山古墳から忍城を見る・拡大

もう一度、やぐらの方向の撮影に挑戦しました。

次の訪問地が待ちきれない家族がいたので、これくらいで古墳から下りてしまいました。

丸墓山古墳の階段

日ごろの運動不足が響いて、この階段を上下するのは、結構大変です。

石田堤のあと?

階段から続く道。石田堤のあと? らしいです。桜が植えられていて、春はきれいだろうなあ、と思います。

資料館にも行かず、当然あの有名な「獲加多支鹵大王」が刻まれた鉄剣(のレプリカ)を見る、ということもしないくらい、駆け足での訪問となってしまいました。次回は、もっとしっかり見学しなければ、ですね。

茂美の湯

次の目的地(行田観光の最後の訪問地)は、こちらでした。露天風呂もあり、炭酸が入っているので38度という入りやすい温度設定だったため、のーんびりとつかることができました。ここで疲労を全部流した気分です。お風呂あがりはフルーツ牛乳&セブンティーンアイスでした(笑)

結局バスの接続がうまくいかず、この後、てくてくと行田市駅まで歩いたわけですが。でもここでのんびりしたからか、とにかく歩きましたが、そんなに体は辛くなかったです。


【2013年5月行田にお出かけ】

uriel_archangel at 20:55 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード