May 28, 2013

* 旅行のプランで妥協するところとしないところ

昨日は職場で昼休みに、ずーっとiPod touchで旅行情報のサイトを見ていました。「他のホテルはどれくらいの金額なんだろう?」と思って調べたときに、「あ、私が予約したところよりかなり安いなあ」という料金のホテルが複数あったからです。どれくらい違うかというと、最大で「夕食2人分」です。これは大きいです。

そんなわけで、施設情報や口コミを見ながら、「ここに乗り換えるかなあ」などと考えていたのです。でも、立地が違います。昨日検討したホテルが治安の悪い地区にあるというわけではないのですが、「祇園祭の京都を楽しむ」という趣旨からすると、ちょっと外れたところになります。

では、今予約しているホテルと似たような立地の場合はどうかというと、やはり時期が時期だけに、「高級ホテル」ではなくてもかなりの金額をつけています。こうなると、差額は「パフェ2人分」という感じです。この程度の差だと、「今のままでいいか」と思うのですが、「夕食2人分」となると、やはり気になります。

とは言え、今回の旅行では、既に移動手段で「より安いほう」を選択する方向で考えています。ここでさらに、宿で「より安いほう」を選択すると、気分的にかなり「とことんお値段にこだわった旅行」「貧乏くさい」感が出てきます。

そういうところを追求する旅行であれば別ですが、ここはやはり、「祇園祭の期間中の京都の雰囲気を楽しむ」というのを掲げた旅行である以上、宿の立地は妥協しないほうがいいなあ、と思いました。歩いて主だった場所をぐるりと見てまわれるというのは、手放さないほうがいいだろう、と思ったのです。

自分で言うのもなんですが、思い切って予約したところは、「いやあ、この日にこの条件でこの宿を、こんな金額で予約できたよ」という感じなのです。とても蒸し暑いであろうことを覚悟しているので、その日の予定を終えて戻って、「ああ、疲れた。でも楽しかった」とくつろげる宿がいいなあ、と思います。

2月に名古屋に行ったときは、宿で奮発する代わりに「食費を安く上げる!」としていました。なにしろ朝食以外は、みそかつときしめんでしたから……。ということで、京都でもそういうのがあればいいのにな、と、息子が好きそうなB級グルメ的なものって何だろうと調べてみたところ、天下一品がありました。そういえば餃子の王将も京都でしたね。お昼をこういうところで食べるというのは、悪くないかもしれません。

うーん、でもやっぱり夜は、ちょっと豪華に美味しいものも食べたい、とも思うのでした。単なる食いしん坊ですね。そんなわけで、観光情報よりもグルメ情報を一生懸命調べているのでした……(汗)

uriel_archangel at 17:39 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード