June 20, 2013

* 日本ドイツ学会総会・シンポジウムのテーマが気になります

偶然見かけたポスターに気になるテーマが書かれていたので、帰宅後に検索して見つけました。昔だったら、ポスターの内容をメモして……となったのでしょうね。便利な世の中になりました。
第29回 日本ドイツ学会総会・シンポジウム「領土とナショナリティー 」(日本ドイツ学会のサイトはこちら
開催日:
2013年6月22日(土)
会場:
お茶の水女子大学 共通講義棟2号館
参加費:
一般 1000円 学生 500円、 日本ドイツ学会会員 無料
当日受付可。 どなたでもご参加いただけます。
このタイトルだけでも気になって検索してみたのですが、それ以外も魅力的な内容でした。午前はフォーラム、午後はシンポジウムという構成です。
フォーラム
  1. 台所は誰のものか?−−『ナチスのキッチン』が切り拓く地平
  2. ポスト脱原発を展望する――原子力施設拒絶地域/立地地域の「その後」から
午前のフォーラムは、1のほうが気になります。『ナチスのキッチン』の内容にとどまらず、当時のドイツや日本の女性が置かれた立場を考えるものになっています。そして午後のシンポジウムは、このような内容です。正しい書き方かは分かりませんが、午前のフォーラムも、発表者は省略しました。
シンポジウム 「領土とナショナリティー」
  1. 領土と国益——ドイツ東方国境紛争から日本を展望する
  2. 失われた東部領/回復された西部領――ドイツ・ポーランドの領土とオーデル・ナイセ国境
  3. 多民族国家の解体と「ドイツ人」意識の変容 ―両次大戦間期ルーマニアにおけるユダヤ系およびドイツ系ドイツ語話者を事例に―
  4. 領土と国籍・市民権−「ナショナルなもの」を考える
  5. ヘルゴラント島と竹島/独島 ⎯ 日独比較の観点から
実は中世好きな私は、学生時代に近現代のドイツには積極的には触れてきませんでした。でも仕事で第二次世界大戦がらみのものは避けられず、こういう分野にも関心を持つようになりました。

そんなわけで、会場に出没しているかもしれません。

uriel_archangel at 23:21 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード