June 25, 2013

* 出雲の予習もしています

出雲大社ゆるり旅 (一般書)出雲大社ゆるり旅 (一般書) [単行本(ソフトカバー)]
著者:錦田剛志
出版:ポプラ社
(2013-04-20)

出雲に関する本も買ったので、コツコツ読んでいます。

伊勢の神社も東京の神社とは雰囲気が違うのですが、出雲はそれ以上に「違うなあ」と感じます。よく見聞きする神話とは異なる(というか、主流ではない)出雲独自の神話や行事があり、まさに別の世界のように感じます。

残念ながら、旅行を予定している時期には有名なお祭りや行事があるわけではないのですけれど……。

出雲大社あたりで宿泊すれば事足りるかと思っていたのですが、そうでもないのね、と、ガイドブックを見つつ「さて、どこに行こう」と思っています。JR沿線にするか、一畑沿線にするかで、また違っていそうです。さらに、飛行機を使うので、空港からの交通の便も考えなければなりません。

ちなみにガイドブックは、結局またまたこのシリーズです。

松江・出雲 石見銀山 (タビハナ) (タビハナ―中国四国)松江・出雲 石見銀山 (タビハナ) (タビハナ―中国四国) [単行本]
出版:ジェイティビィパブリッシング
(2010-06-15)

ほかの(もっとページ数の多い)ガイドブックを見てみたのですが、松江や出雲をさらに詳しく取り上げる、ではなく、他の地域も取り上げてページ数を増やす、という感じなのです。だから、自分が行こうとしている場所を考えると、「これで十分かな」という感じです。

まっぷるやるるぶといったムックは、改めて内容を確認して、持ったいたほうが旅行に役立つかどうかを判断しようと思います。

ところで、このシリーズの本、伊勢を取り上げたものもあるのですが、これまた気になります。

伊勢神宮めぐり歩き (一般書)伊勢神宮めぐり歩き (一般書) [単行本(ソフトカバー)]
著者:矢野憲一
出版:ポプラ社
(2012-10-16)


伊勢神宮ひとり歩き―神の森のヴィジュアルガイドブック伊勢神宮ひとり歩き―神の森のヴィジュアルガイドブック [単行本]
著者:中野 晴生
出版:ポプラ社
(2006-12)

もう伊勢に行った後なので、「買わなくちゃ!」というものではないのですが、よさそうな内容だったら、今すぐではないですが、手に入れてみたいと思います。

uriel_archangel at 22:13 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード