July 21, 2013

* 宵山はご集印帳を持って山鉾めぐり

京都旅行中に何をしたかというと、結局メインは「ご朱印集め」です。ご集印帳は、最初のほうで行った山で入手できました。リンク先に写真もありますが、こんな感じです。

集印帳の表紙

日本語の表紙と英語の表紙があります。

集印帳の目次と地図

このように、表紙をめくると山鉾の名前がずらりと並んでいます。この順番にご朱印を押すようになっています。住所も書いてありますが、旅行者には分かりにくいです。――と思っても、大丈夫です。

写真にもありますが、どこに山鉾があるか、地図もついています。これを参考にすれば、迷わずにめぐることができます。まあ、宵山の時期は人が多いので、どこにあるか分からない、ということはないですけれど……。

集印帳の成果

これは、ご朱印を押した頁です。こういうふうに、いろいろな種類の印があります。郭巨山は、2年連続山一番を記念した新しい印(というかスタンプというか)がありました。

各頁の右上には、山鉾の紋と名前が入っています。「この頁にこの山鉾のご朱印を押す」というのが分かれば、押し忘れを防げます。実際私たちも、最後にチェックしていて「あ、ここに行くのを忘れた!」というのを発見しました。

こうして、筋肉痛になるまであちこちめぐったのですが……

実は1か所だけ、ご朱印をいただけませんでした。「休み山」という、今は山がなくご朱印だけいただける場所があります。ここの1つが、人出が多くなる夕方からの配布とのことでした。出発時間と重なってしまい、あきらめるしかありませんでした。

他にも、午後からご朱印がいただけるところがあったので(昼食後に出直しました)、やはり午後から夜にかけて動くのが、ご朱印をそろえるのに確実だと思います。

ただ、人通りが多いので、移動が大変なのですよね……とすると結局、朝から終日動いていたほうがいい、ということにもなります。暑いので、途中でしっかり休みながらにしたほうがいいです。

そして我が家は、いただけなかったご朱印を来年こそ……と、新たな計画を立てています。相手(誰?)の思うつぼですね(汗)

uriel_archangel at 15:54 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード