August 11, 2013

* 京都で懐石料理 前篇

まだ、食べ物の話があるのですよ(苦笑) 旅行中に、こんなに美味しいものばかり食べていいのかしら……と思いながら過ごしておりました。

2日目のお昼は、京都旅行の最後にふさわしく、懐石料理にしました。子供には早いのかもしれませんが、せっかくの機会だから、こういう料理も経験したほうがいいのかな、と思ったのです。

実は、「どこのお店を予約したらいいか」とギリギリまで悩んでいたので、やや出遅れ、眺めのいい個室は予約できず、カウンター席になりました。ここはここで、スタッフとお話できたり作業が見られたりして、面白いのですが。

結局、予約したお店は山鉾めぐりの活動場所から離れてしまったため、疲れていたこともあって地下鉄を活用しました。駅から近かったので、移動はそんなに大変ではありませんでした。

こういう前置きはさておき、お料理の紹介です。

先附

お野菜や鱧(落としと南蛮漬けがありました)、貝に、お酢のジュレがかかっています。涼しげなお皿で、さっぱりと美味しくいただきました(と思います……)。

椀物

湯葉しんじょうの椀物です。見た目はあっさりしていますが、おだしの味がしっかりしていて美味しかったです。息子は日光で湯波をとても気に入っていたので、湯葉づくしのお料理も、いつか京都で食べたいです。

揚物

揚げ物です。お魚は鱧だったかな? 右の白いものはお豆腐だと思っていたら、お餅でした(これまた、だんだん記憶が薄れてきていますが)。美味しかったです。

相変わらずのもったいながりなので、お料理の続きは次回に……。

uriel_archangel at 16:38 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード