August 31, 2013

* 自分の手が届く範囲で最善を尽くす

世の中、国内の政治経済から世界の情勢まで、気になることは多々あります。でも、そういうことを人と話すのは、あまり好きではありません。なんというか、以前サイバラさんがどこかで描いていた、「朝から飲める居酒屋で酔っ払ったおっちゃんが世界を動かす話をしている」みたいなものだよなあ、という感じがするからです。

詳しい事情も知らないのに、「こうするべき」とか「ああするべき」とか語るものではないよなあ、と思うわけです。別に、「何も知らない人間は黙っていろ」と言うつもりはなく、私が個人的に「そういうことはしない」と考えているだけです。そして、語らないからと言って考えていないわけではなく、いちおう考えています。でも、表に出すものではないと思います。

私は自分に対する評価が高くないもので、そういう意見を堂々と文字にして発表できる人を、単純に「すごいなあ」「うらやましいなあ」とも思います。自分の意見を一般論として語れるとは思わないので、自分自身の体験や考えたことは書けますが、「だからみんなも○○しよう」とは断言できないのです。「こういう考え方もあるよ」は言えますが。

それと、基本的に「愚痴ったところで何の変化もないなら、別のことをしたほうが生産的」と考えています。仕事のこととか自分のしたいこととか、そういうことをしたほうが時間の無駄になりません。愚痴るよりも、このブログの記事を書いているほうがよっぽど自分のためになります。

毎日更新を目標にしているので、「内容のある記事で更新する」というのは、世の中的にはともかく、私には重要なのです。努力はしても、結果としてあまり内容がないという日もありますけれど……。

たまに、このブログで書いてみようと思って、あれこれ書いたり消したり……とすることがあります。でも、苦労した割に全然進まず、内容もたいしたことなく、で「上手く書けないなあ」と書くのをやめてしまうことがほとんどです。ある程度書くことで満足するようで、書いたことが公にならないというのは苦になりません。自分が書きやすいことを書くほうが効率がいいし、満足感も高いです。

私は「自分の手が届く範囲で最善を尽くす」ほうが、天下国家を語るよりも、自分が幸せになれます。

uriel_archangel at 16:19 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード