October 12, 2013

* イヤホンの問題

録音を聞きながらの作業をしていたときのことです。ときどき片方の音が聞こえなくなります。しばらくするとまた聞こえるようになるので、録音状態の問題かと思っていました。

その仕事が終わって、音楽を聞いていました。やはり、片方の音が聞こえなくなりました。自分の耳は、きちんと聞こえています。イヤホンの根元部分のコードをちょっといじったら、すっきりと聞こえるようになりました。

――ということで、使っていたイヤホンの断線(しかけ?)が原因でした(汗) 9割がたどころか、ほぼ「常に聞こえる」状態ですが、いつ本格的に断線してしまうかは分かりません。そんなわけで、何しろ仕事道具ですからケチケチせずに、新しいイヤホンを買うことにしました。

今まで耳かけタイプを使っていたのですが、最近はそういうタイプはスポーツ用らしく、ユーザーのレビューを見ると、「ジョギング用に購入しました」「汗でびしょ濡れになってもへっちゃらです」というものばかりで、どう考えても私の使用目的には合いません……。

しかも、Amazonさんは購入履歴を出してくれます。今使っているイヤホンは、2012年6月に購入していますよ、とのことでした。1年少しで断線か〜。まあ、イヤホンをつけたままうっかり立ち上がって引っ張られたりコードを肘掛けにひっかけたりといろいろやっていたので、仕方ないですね。あと、リール式(コードを巻き取るタイプ)だと、断線のリスクが高まるそうです。

先代も同じ型で、同じようにうっかりいろいろやってしまっても、それは3年くらい使っていました。断線は起こらず、耳にかける部分がボロボロになったので取り替えました。もしかしたら、長持ちしなくなっているのかな? と思います。最近の製品は、どれもそんな感じですよね。

そんなわけで、それほど高価でなく、でも性能は悪くないものを探しました。あと、送料無料になるのでAmazonから発送するもの、というのも条件です。そして、選んだのはこれです。



こういうタイプのイヤホンは初めてで、周囲の音を結構遮断するので驚いています。作業中に家族に話しかけられたら、今まで以上に気づかなさそうです。あと、自分が水を飲む音とか、首を回したときの筋肉とか骨が動く音が頭に響くので、結構びっくりします。

今度は1年ちょっとで壊れないように、丁寧に扱います。コードが長いのでアジャスター(ぐるぐる巻きつけるタイプ)が付属しているのですが、もっといい感じのデザインのものはないか、探してみようと思います。

uriel_archangel at 15:59 | 日々の記録 | お買い物
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード