January 22, 2014

* テレビを視聴する層の高齢化が進んで「年忘れにっぽんの歌」が「紅白歌合戦」を上回る時代が来る?

昨日、TBSの『はなまるマーケット』の「はなまるカフェ」コーナーに、女優のキムラ緑子さんが出ていました。NHKの朝ドラ『ごちそうさん』で演じる人物のキャラクターが話題になっているということで、出演につながったのだと思います。

こういう、「他局で人気の番組に便乗する」というのは、最近増えてきているように思います。『ごちそうさん』だけでなく『あまちゃん』のときもありましたし、他の民放のドラマやバラエティー番組でも、そういうふうに使われていることがあります。NHKをじっくり見ているわけではないので、そういうのはどうなのかな、というのは分からないのですが。

これは、「テレビ局の節操がなくなったから」ではないだろうなあ、と思います。「節操なんてもとからない」という辛口の評価をされる人もいるでしょうか。

私は、「テレビ局同士が視聴者の取り合いをする時代ではなくなったから」だと思っています。視聴率というのは、要は「人が消費する時間をどれだけ自分に振り向けてもらうか」です。今は昔と違って、時間を消費するモノがたくさんあります。ケータイにお金を使うからCDが売れなくなった、というような話がありましたが、これがテレビの場合は「○○に時間を使うからテレビが見られなくなった」になります。

スマホが普及してきた今となっては、テレビのライバルはたくさんあります。テレビ局のプログラムに従わなくても、楽しく時間を過ごせるものがたくさん手に入る時代になったのです。なので今は、個々のテレビ局が視聴者を競って取り合う時代ではなく、テレビ業界全体がスクラムを組まなければいけないということなのだろうなあ、と思っています。

こうやって書いていると、当然ですが、あれこれ選択肢がある中でテレビをあえて見る層というのは、「他にすることがない人」です。必然的に、デジタル機器を活用していない(主に)高齢者がメインなのかなあ、という感じがします。

こうなると、「テレビ番組が若者向けのものばかりで年寄りは面白くない」というのは昔の話で、実は今は「テレビ番組は年寄り向けのものばかりで若者は面白くない」なのでしょうね。私でさえも、流行っている歌を紹介する番組よりも、ナツメロ番組のほうが「知っている曲が多いから安心して見られる(集中して見なくても、ながら視聴でも楽しめる)」状態です。

そんなわけで昨年の大みそかは、家族とあれこれ番組を見ながら、「いつか、『年忘れにっぽんの歌』が『紅白歌合戦』より視聴率を取る日が来るのではないか」と話していました。

uriel_archangel at 11:36 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード