January 26, 2014

* まだまだ元気なペンを大事に使っています

事務仕事で、太いペンで大きな字をしっかりと書く必要があるため、サインペンを使っています。これが「最近、書き味が悪くなってきたなあ」と感じるようになったので、新しいペンを準備していました。

でも、なかなか切り替えられません。

なぜかと言うと、古いペンを使っているうちに、特定の向きで持つと、まだまだしっかりした字が書けることが分かったからです。不思議なことに、書きやすい持ち方をすると、ペンが手にしっくりなじむ感じがします。なので、すぐに「あ、この角度でいいんだ」と分かります。

そんなわけで、新しいペンは出番がないまま、半年ちかく経過しています。

そうこうしているうちに、書き味がいいように持っていても、インクののりが悪い紙があることが分かりました。念のため新しいペンもペンケースに入れることにしたのですが、見た目だけでは、新しいものか古いものかが、すぐには分かりません。

そこで、古いペンに目印として、事務所に置いていたマスキングテープ(仮止めに便利なのです)をぐるぐる巻きました。それと、せっかくなので、「この部分が見えるように持つと、しっかりした字が書ける」の目印になるシールを貼ることにしました。

……結果、こんな感じになりました。

画像1

この先どれくらい使えるかは分からないのですが、大事に使っていこうと思います。

uriel_archangel at 11:38 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード