March 02, 2014

* 測量野帳をスリムに感じる理由

お店で見ているときは「やっぱり測量野帳はスリムだなあ」と思っていました。でも、帰宅して比べてみると、そんなに劇的にスリムというわけではありませんでした(汗) ノート部分の厚さも、表紙の厚さも、大きく違うという感じはしません。

ではなぜ、スリムに感じるのか。これは製本の違いからくるのだなあ、と思いました。

pickmeカバーノート


写真は製品紹介ページからお借りしました。
最初に買った旅行用ノートは、背表紙もきちんとあって、しっかりとした作りです。一方で測量野帳は、こんな感じです。

測量野帳


写真はこちらのページからお借りしました。
一番大きな違いは、背表紙が角ばっていないところです。製本に詳しくないので、名称が分からないのですが……。ともあれ、その結果、背表紙部分がやや丸みを帯びています。

小さいことですが、これが「スリムに感じる」ところかなあ、と思います。しっかりした作りというのは、逆を言うと、荷物があれこれ入ったバッグや(私はそのようには使いませんが)ポケットから出し入れするときに、どこかに引っかかるということです。

私のように、バッグに荷物をあれこれ詰め込んでしまうタイプには、出したりしまったりがスムーズにできる測量野帳のほうが向いている、ということだろうなあと思います。


uriel_archangel at 11:44 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード