March 17, 2014

* うちの子、太陽の塔に圧倒される

あ、もう帰宅してますよ。今日は、天神橋筋商店街をてくてく歩き、大阪天満宮にお参りし、BK(NHK大阪放送局)で「ごちそうさん」のセットを見学し、最後に万博記念公園の国立民族学博物館(みんぱく)に行きました。

最初に、「去年、科学博物館でやってた『グレートジャーニー』みたいな感じだよ」と説明したら、どういう感じのものかが分かったようです。息子はみんぱくをとても気に入って、「また来たいなあ」と言っていました。私も、前々から連れて行きたいと思っていた念願がかなって、嬉しかったです。

念願がかなったとは言え、駆け足での見学になってしまったし、中国・朝鮮半島の展示は内容変更のためお休みしていました。これは21日からの再開だそうです。そういう状態なので、確かに「また来よう」と思いました。

それと、息子にとってみんぱくと同じくらい印象的だったのが、太陽の塔でした。ものすごく大きくて、異様な雰囲気に見えたようです。確かに、すっきりした幾何学的なデザインではなくて、原始的な感じです。モノレールの駅を出てからずっと、太陽の塔を気にしながら歩いていました。

みんぱくからの帰り道は、本人のリクエストで太陽の塔のすぐ近くを通りました。その手前で撮影したのが、これです。

画像1

「後ろがどうなっているか、見たい」と言っていたのです。後ろにも太陽が描かれています。

万博記念公園から伊丹空港まではモノレールで乗り換えなしなので、快適でした。

とはいえ、昨日も今日もあちこち歩き回ったので、とても疲れました……。旅行中も少しはしていたのですが、今日はもっとしっかりストレッチをしようと思います。

uriel_archangel at 22:23 | 日々の記録 | 子どものこと
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード