March 29, 2014

* 東京でIJET-25/第25回英日・日英翻訳国際会議が開催されます

日程は6月21日(土)・22日(日)です。日本での開催は隔年で、しかも東京が会場になるのは初めてなのだそうです。だとしたら、行かなくては、ですよね〜。……とか書いておいて、まだ申し込んでいないのですが(汗)
テーマは「Paving the Way Forward: 翻訳・通訳がはぐくむ未来」。翻訳・通訳を取り巻く環境が激変している今、翻訳者・通訳者とクライアントの双方にとって実りある未来を築き、社会に貢献するために私たちはどうすべきなのか。参加者全員で議論を交わし、東京の地から未来へ向けてメッセージを発信します。第25回という節目にふさわしい規模で開かれるIJET、皆様のご来場を心よりお待ちしております。
基調講演は、4月からのNHK連続テレビ小説(いわゆる朝ドラ)「花子とアン」のモデルとなった翻訳家村岡花子の孫で、ドラマの原案となった『アンのゆりかご 村岡花子の生涯』の著者の村岡恵理さんです。(なんだか、丁寧に紹介を書いたら長くなってしまいました……)

詳しい時間や会場は未定(未発表)ですが、いくつもあるセッションの内容は魅力的なものが多く、どのジャンルの翻訳者が参加しても、有益な情報が手に入るのではないかと思います。まだきちんと申し込んでいない身で言うのもあれですが、「これは気になる!」ですよね。

参加費にはネットワーキングディナーも含まれていて、まさに! 「翻訳・通訳」をキーワードとしていろいろな人や組織と出会える、貴重な2日間になるでしょう。

――とか自分で書いていて、まるで宣伝のようだと思いました。学割もありますし(ネットワーキングディナーの参加費は含まれていません)、こういう仕事に現在関わっている人だけでなく、興味がある人も、参加して損はないでしょう。

仕事が落ち着いたら、申し込みます。

uriel_archangel at 11:29 | 仕事 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード