February 17, 2008

* Amazonプライムでなくても……

Amazon.co.jpには、Amazon プライムというサービスがあります。年会費3900円で、購入金額に関わらず送料無料になり、「お急ぎ便」が、何度使っても無料になるというものです。

Amazonは利用することが多いので、興味を持ってサービスの詳細を見ていましたが、結局申し込みはしていません。なぜかというと、1500円以上で送料無料、というのが一応衝動買い防止のストッパーになっている(と思っている)からです。とは言え、最近は専門的な内容だと、文庫でも簡単に1000円以上になるので、1500円以上買い物をするのはそれほど難しいことではありません。

それと、本当に急いで手に入れなければ資料がある場合、「お急ぎ便」では間に合わないというのも大きいです。仕事で必要なものは、最新刊ではなくマイナーな書籍であることがほとんどで、Amazonに在庫があるとは言い切れません。そうなると、都心の大きな書店をめぐって探すほうが、見つかる可能性が高いのです。他の商品についても、だいたいのものは、自分で買いに行ったほうが早く手に入れられます(そんな時間もない、というくらいに忙しいことは滅多にないので)。

Amazonの使い方として多いのは、気になる本はカートに入れていって、単価がそんなに高くないものがいくつかまとまったところで、購入するというものです。とは言え、収納スペースにも財源にも限度があるので、欲しいと思ったらすぐ買う、ということはしません。しばらくカートに入れているので、その間に眺めては、何度かふるいにかけています。

単価が高くて入荷まで1ヶ月くらいかかりそうなもの(重版のなかなかかからない専門書で、大きな書店には置いてあるかもしれないけれど、なかなか売れないので店頭でくたびれていそうなもの)は、単体で注文しておきます。これは、忘れたころにやって来ます。

以前は、「すぐに手に入れたい!」という気持ちが大きかったのですが、今は集中して本を読む時間がなかなか取れないこともあって、「PCで注文できて、届けてもらえるだけありがたい」のほうが大きいです。

それと、「在庫あり」の場合は、プライムでなくても十分早くに届くことが多いのです。先日も、マウスの調子が悪くなったので注文したのですが、ある日の夜中(ちょうどこのエントリーを書いているような時間)に、やはり在庫ありとなっていた本とあわせて注文したところ、翌日の夕方にはもう届いていました。

あれこれ書きましたが、結局はプライムに登録しない理由として大きいのは、「無駄遣い抑制」ですね。

uriel_archangel at 12:41 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード