April 26, 2014

* 早速勉強方法の見直し

時間とノートの無駄遣いはやめましょう。……ということなのです。

Fujisan.co.jpでテキストを購入しているので、印刷ができます。それをいいことに、あれこれ印刷してノートにぺたぺたと貼っています。そうしたら、ノートの数は増えるし切り貼りもそれなりの手間だし、さらには「冷静に考えると、これって貼っておしまい状態じゃない?」という感じがしてきました。

以前だと、「とりあえず決めたことはしばらく続けよう」と思っていたのですが、幸か不幸か忙しくなってきたので、自分会議の結果「無駄なことはやめて時間を節約しよう」となりました。

ドイツ語講座応用編は、とても素晴らしい内容なのですが、「答えを書く」という作業をせずに頭の中だけで処理しようとしているため、復習しようと思ったら、iPod touchやNexus5のアプリでテキストを見ればいいわけです。ノートを使う必要がありません。テキストに載っていない解説で「これをメモしておきたい!」ということがあったとしても、一生ものというわけでもありません。

そんなわけで、ノートはヤメヤメ、です。

フランス語講座応用編は、文法の解説を理解したり自分で和訳を考えたりできるレベルに達していないので、これまた印刷したものをノートにぺたぺた貼っているだけ、になっていました。

これまた、ノートはヤメヤメ、です。

Deutsche Welleの各プログラムも、ノートをいちいち別にしていると数が増えて大変なので、1冊にまとめてしまえ、ということになりました。そもそも、別にしなきゃいけないくらいの作業量でもありませんし。

――というわけで、ノートを作るのは、フランス語講座入門編・実践ビジネス英語・攻略!英語リスニング・Deutsche Welleです。これでもまだ多いですけれどね。ノートを作ることに決めた講座は、どれもテキストに出てきた単語や表現を書きとめるのに使っています。

これも、いっそのことExcelか何かで表を作って書いていけばいいのですが、こういう作業は手書きのほうが早いのですよね……。PCがなくても、スマートフォンなどで単語・フレーズリストのようなものは更新できるでしょうが、作業スピードが「手書き>PC>>>>スマートフォン」という状態なのです。だったら手書きのほうが作業時間は短いです。

ここでiPad Airかminiとキーボードを入手すれば、また変わるかもしれませんけれど。ますますiPadが欲しくなってきましたよ……。

ともあれ、そうやって書いたノートも、フランス語講座入門編はともかく、後でしっかり見直す感じでもありません。使用済みノートが増えてきたら処分、になるでしょうね。これからもいろいろと工夫して、長続きする方法を探っていこうと思います。

uriel_archangel at 12:58 | 学び | 日々の記録
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
「最新トラックバック」は提供を終了しました。
QRコード
QRコード