May 24, 2014

* Google Play開発者サービスでバッテリーが減る減る

なんだか急に、昨日からバッテリーの減りが早くなったような、と思っていました。「設定」から電池の状態を見てみると、このアプリが圧倒的に負荷をかけていました。……って、なにそれ? 状態だったので、とりあえず検索してみました。おおざっぱに、「それぞれのアプリが個別に制御していたものをまとめて管理する」もののようです。何を管理するのかとか、そういう詳しいことは、私には聞かないでください(汗)

ともかく、アプリが使っているものなので、削除したら動かなくなるアプリも出るし、削除しても再度インストールされます。

そんなに操作していたつもりもないのに、本体が熱を帯びていて、バッテリーが減っています。今日にいたっては、午後2時くらいの時点で、ほとんど触ってもいないのに残量が4割ほどになってしまいました。相変わらず「Google Play開発者サービス」が負荷をかけています。

とりあえず電源OFF→再起動してみましたが、Google Playが圧迫する状況に変化がありません。「なんだこりゃ」ということで、持っていたバッテリーで急きょ充電しました。こんな状態が続くと、外出時に困るんですけれど……。

不思議なことに、これを書いている今は落ち着いています。充電から6時間ちかく経過していますが、バッテリーの残量は95%ほどあります。

「Google Play開発者サービス」がこのまま落ち着くのか、それともまだ暴れるのか、見守っていきたいと思います。

uriel_archangel at 21:57 | ネットやPC関連 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード