June 05, 2014

* あちこちからプーさんの切手&切手の種類いろいろ

月初なので、取引先からの請求書が毎日のように届きます。使用済み切手を集めているのですが(何年分もためこんでいるのは秘密です……)、今月は、例のプーさんの切手が頻繁に目に留まります。私もそうでしたが、やはりあちこちのオフィスで、「シールタイプの切手、早く出ないかなあ」と思っていたのでしょうね。

ところで、郵便料金が変わるまでは、10円・50円・80円・100円切手を使って、いろいろな郵便料金に対応していました。定型外の料金になるものは少なかったので、120円は50円×2枚(または100円×1枚)+10円×2枚、140円は10円・50円・80円各1枚、200円は50円×4枚または100円×2枚、240円は80円×3枚、という感じで、問題ありませんでした。

でも今回、80円切手がなくなってしまうので、状況が変わってきました。8円切手はあるのかな、と思って調べたところ、ないのですね〜。これでは140円が作りにくいではないですか(82円+8円+50円、ができない)。

そんなわけで、あれこれ考えた結果、これまでなかった端数が出ることもあって、2円・5円・30円を新たに買い足しました。2円切手は、80円の在庫がたくさんあったときは大活躍でした。でも、今後は2円と5円は出番が少なそうなので、在庫は本当に少しだけです。

30円切手の出番が増えるのは、80円切手がなくなってからですね。120円は今までと同じ要領で作れますが、140円は50円×2枚(または100円×1枚)+30円×1枚+10円×1枚です。

こうやって書いていると、おとなしく120円切手と140円切手を買ったほうが、切手の種類が増えなくて楽なのかな? という気もしますが……。まあ、頭の体操をしているということで。

uriel_archangel at 23:19 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード