July 22, 2014

* いつの間にどうやってケガしたのやら

一昨日、気が付いたら肘の外側の少し上に、かさぶたができていました。肉眼では確認できないので、ふと手が触れたときに気がつきました。なぜこんなところに、かさぶたができるようなことになったのか? さっぱり見当がつきません。

そんな状態だった腕をついつい「ぽりぽり」とやってしまい、なんと出血してしまいました(汗) 鏡を使えばどんな状態か確認できますが、そんなヒマはありません。とりあえず家族に頼んで、ばんそうこうをぺたりと貼ってもらいました。

今日、お風呂上がりにばんそうこうがぶよぶよしていたので、思い切ってはがしてみました。どこがケガした箇所か、さっぱり分かりません。ついでに言うと、どんなケガだったかも分かりません。見えるかぎりでは、そんなに出血しそうな感じには見えないのですが……。

よく、年を取ると記憶にない場所にあざができるという話はあります。実際そういう経験もあります。

でもそれだけではなくて、大げさな表現ですが、流血沙汰になってもその理由が分からない、ということになるのだなあ、と思いました。もっと自分の体をいたわったり意識したりしなければいけませんね。

uriel_archangel at 21:05 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード