July 23, 2014

* 旅先で洗濯物用ロープが役立ちました

京都のホテルはリーズナブルで便利だったのですが、コインランドリーがないのが残念でした。でも、最初にあれこれ電話で問い合わせたとき、部屋で洗濯しても問題ない、という話は聞いていたので、洗濯用の洗剤を持っていくことにしました。

最近は自宅でも粉末洗剤を使いませんが、旅行用の少量パックというのも見かけなくなってしまいました。行きやすい場所にドラッグストアがなく、100円ショップで調べたからかもしれませんが……。ともかく、時間がないので、家で使っている液体洗剤を持って行くことにしました。

そこで100円ショップで、液体の小分け容器を探しました。これはすぐに見つかりました。ついでに、洗剤を探していたときに見つけた洗濯物用ロープ(5m)も入手しました。使えるか使えないかは分かりませんが、何しろ税込108円なので、役に立ったら立ったで嬉しいし、使えなくてもあきらめがつきます。

今回はどうだったかというと、しっかり役に立ちました。そんなにお高級なホテルではないので、クローゼットのスペースが小さく、ハンガーの数もそんなにないので、ホテルに備え付けのものだけでなんとかしようとすると、絶対干しきれなかったでしょう。

運良く、部屋に入ってすぐの上着をかけるハンガー用のフック(というのかな?)と、対角線上で部屋の奥にあるクローゼットに、洗濯物用ロープを渡すことができました。結んだりあちこちにひっかけたりして、無事に固定できました。

午後に一旦部屋に戻ったときは、ポロシャツやTシャツを着替えたので、それを洗濯しました。この程度ならハンガーでなんとかなるのですが、夜は着ていた服を一式洗うので、結構な量になります。ここでロープが活躍しました。洗濯物の脱水には、手で絞っただけでは足りないので、それ用に持って行った裏ガーゼバスタオルや、夜は使用済みのバスタオルに挟んで絞りました。

これを、部屋の中に渡したロープに、ずらーっと並べて干しました。洗濯ばさみを持っていないので引っ掛けるだけで干すことになり、厚地ということもあって、なかなか乾きません。

こんな状態なので乾くまでに時間がかかり、最終日の朝までに乾きそうなのは2日目の昼に洗ったものでした。2日目の夜は洗濯をあきらめたので、ロープの出番があったのは初日の夜だけでした。でも、このときにロープがなかったら、とても干しきれなかったと思います。

コインランドリーがあると分かっている宿であればいいのですが、そうでない場合は、念のため洗濯物干し用ロープを持っていると安心だと思います。わざわざ専用のものを買わなくても、普通のビニール紐で十分使えます。

ケチらず長め(というのは今回の私のように5mくらい?)に準備しておくと、ロープを渡せる可能性のある場所が増えるので、よいと思います。

uriel_archangel at 22:06 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード