August 03, 2014

* ボストン美術館 華麗なるジャポニスム展

家族で行きました。実は、世田谷美術館は高校生のときに行った記憶がある程度の場所でした。駅から近くはないということは覚えていましたが、この暑いのに大変だと思いつつ、展示会のサイトをチェックしたところ……。

なんと、用賀駅から美術館直行の臨時バスが運行されていました! 確かに、この天気で徒歩17分と聞かされたら、尻込みしてしまう人も多いですし、何より実際に熱中症などで倒れてしまう人が出たら、大変です。料金も100円と、気軽に使える金額でした。本数も、土曜・休日なら8分に1本のペースで運行している時間帯もあり、とても便利です。これを使わない手はありません。

そんなわけで、美術館までは予想に反して快適な移動となりました。それでも、バス停から美術館までは歩くだけでも体力を消費する感じがしました。

会館直後の時間帯なので、チケット売り場にはそれなりの行列ができていました。事前にオンラインでチケットを購入していたので、行列とは関係なくスイスイと入場できました。会場内は混雑しておらず、快適に見学できました。チケットは事前に入手しておくと、最初の行列で体力を使わずにすむと思います。

そして実際の展示は、とても興味深いものでした。印象派の人々が影響を受けた浮世絵と、その影響下で描いたと思われる作品が並んでいるので、「なるほどねえ」と思いながら比較できます。頬杖をついて思索にふける女性の絵は、日本の浮世絵の影響だと言われなければ気づかなかったでしょう。

風景画でも、浮世絵の表現方法が、印象派の作品に大きく影響していることが分かりました。5月にサントリー美術館で見た展示では、逆に、浮世絵というか日本の絵画が、西洋の絵画や印刷物から受けた影響が紹介されていました。こうやって知らないうちに影響しあって、互いの芸術を高め合っているというのは素晴らしいなあ、と思いました。

西洋の絵画だけを見ていると、印象派であまりにいろいろなことがそれまでと異なっているので、「どうしてここで急に、こういう表現が出てくるのだろう」と不思議に思ってしまいます。でも、浮世絵と一緒に展示されていると、「なるほど、こういうところから影響を受けているから、それまでになかった表現があるんだなあ」と納得できます。

日本人から見ると普通の表現でも、例えば「左右対称のデザインではない!」など、当時のヨーロッパの芸術家にとっては衝撃的だったというのも、とても興味深かったです。生まれ育った文化は、本人が気づかないうちに影響を与えているのだなあ、と思いました。

これから印象派の作品を見るときに、「これは浮世絵の影響かな?」という視点が常に持てる、今後の作品鑑賞にも役立つ内容でした。

余談ですが、夫は世田谷美術館のある砧公園の雰囲気がとても気に入っていました。もっと季節が良ければ、ランチ持参で展示会の後に公園で食べる、というのも楽しそうです。

uriel_archangel at 18:04 | 講演会・展覧会 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
Share on Tumblr  

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile
REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード