August 12, 2014

* 世の中お盆休みですが絶賛営業中です

もともと大阪の親戚が「わざわざお金のかかるお盆に来なくてもいい」と言ってくれていたし、私たち夫婦は「人が多くてお金がかかる時期には旅をしない」ということもあり、以前からこの時期は東京にいるのが基本でした。

もっとさかのぼって言うと、私は両親が東京出身なので、子供のときから「帰省」とは無縁でした。夫はともかく、私は、この時期にどこかに行くという発想がそもそもありません。

さらに、中学生の息子はこの時期は部活の合宿があるため家におらず、家族全員で出かけることもありません。小学生のときも、ジジババと旅行に行ったり塾の講習があったりで、やはり家族で旅行をする時間の余裕がありませんでした。

こんなふうに過ごしていると、東京での引きこもりに拍車がかかります。

家から近いこともあり、職場に行くのは苦になりません。さらにこういう時期ですから、電話などで連絡が来ることもなく、わずらわされることなく作業に集中できます。今日も、ついつい後回しにしていた作業に着手できました。

これがなかなか細かい作業で、「毎月きちんとやっていればよかった……」と後悔しました。今後は毎月きちんと処理していこうと思います。

そして、こういう「普通の人が働かない時期に動ける」というのはフリーランスでは強みとなります。これはお盆に限らず、週末や祝日、大型連休、年末年始でも同様です。ありがたいことに翻訳の仕事でもお声をかけていただいたので、今週は、外出の予定はせいぜい食事会程度で多くはありませんが、仕事で充実した毎日になりそうです。

今年のお盆は間に合いませんが、普通の人が休む時期に動ける場合は、メールで構わないので、ダメもとで連絡を取ってみるとよいのではないかと思います。「この時期に頼める翻訳者さんはいるかなあ」と考えているコーディネーターさんがいるかもしれません。

uriel_archangel at 21:11 | 仕事 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード