October 07, 2014

* 請求がらみの催促メールは難しい……

8月の仕事で、納品後になーんの音沙汰もなかったところがありました。直後だと、修正作業とかが発生しそうなので様子を見ていたというのもありますが、こちらも「あれっ?」と気づいたのが2週間ほど経ってからでした。そこで、「請求書送るんでしょうか?」という問い合わせを送りました。

――うーん、返事がない。

作業中はマメに連絡を取ってくれたのに、終わった途端にそれはないだろうということで、「2週間くらい前にメール送ったんですけど、請求書はどうするのでしょうか?」というメールを再度送ってみました。

実は、3年くらい前に登録して以来何度か打診があったもののスケジュールが合わず、という相手で、仕事を受けたのは初めてだったのです。これでまた無視されたらどうしてくれよう、と思いながら、メールを書きました。

すると、「ごめん、最初の問い合わせメールを見落としてた」という返事が! 見落とすなー! 以前も話が流れたのは、私の問い合わせメールにそっちが気づかなかったからじゃないかー!(私のメールが迷惑メールフォルダに入っていたらしいです)

……とは思いましたが、お支払いはきちんとされるようなのでひと安心です。先ほど請求書を作って「問題があったら連絡ください」とメールで送りました。

こういうことをここで書けるのも、先方が海外の会社だからです。はい。支払いの問い合わせというだけでも気を遣うのに、これが英語でとなると「うーん」となります。お互いに英語がネイティブではないようなので、その点は多少気楽です。

そんなに頻繁に取引があるわけではありませんが、海外の会社のコーディネーターさんは、スマートホンを活用している人が多いなあ、という印象です。24/7というわけではありませんが、神出鬼没というか、あれ、現地は今何時なんだろう? というタイミングでメールを受け取ることがあります。「この人はどのタイムゾーンで生活しているんだろう」と思ってしまうくらいです。

そんなわけで初めてのお仕事でしたが、しっかり環境を整えてくれて、比較的作業しやすいものでした。メールでの連絡が上手く行かないこともありますが……。でもまあカバーできる範囲なので、また連絡が来るのを気長に待とうと思います。

またあれこれ、仕事の可能性を考えていかねば、なのです。

uriel_archangel at 11:11 | 仕事 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード