November 02, 2014

* 旅の参考になる情報を見つけたら、想像してみるのが大切

京都関連の雑誌やムックを見ていると、「あ、こういうところも面白そう」という宿の情報が見つかります。ネットで調べてみると、お値段も今予約しているホテルよりお得です。

「面白そうだし、お安いし、こういうところも面白いかも」とは思うのですが、そこで「乗り換えだ〜」とはなりません。タイトルで書いているとおり、自分がそういうところに宿泊したらどんな感じになるか、イメージしてみるのです。

例えば、シャワーやバスが共同となると、のんびりゆっくり入浴というわけにはいかないなあ……とか、テレビはお部屋に欲しいよねとか、みんなでリビングに集まって国際交流するってどうだろうとか、いろいろと考えるわけです。

そして、「今予約しているホテルとこういうところと、どちらがいいかな?」と考えてみます。

そうすると、「今のままでいいや」という結論に達します。どうも私は、一人で部屋でのんびりリラックスするのを重視したいタイプのようです。さすが「脳内自分会議」が好きな人間です。もちろんお値段も大切な要素ですが、「とにかく安いところ!」というほどでもないのです。

こうやって考えていくと、自分にとっての最低ラインというか、「ここは妥協したくない」というところが見えてきます。

宿だけでなく、食事もそうです。「全国チェーンのお店とか、コンビニで売っているものを食べればいいや」という人もいれば、「せっかくだから、その土地の美味しいものを気軽なお値段で食べたいよね」とか、「有名店で素晴らしい料理を味わいたい!」という人もいるでしょう。

こういうことが分かってくるから、脳内であれこれ計画を立ててみるというのは大切なんですね。

今後も、泊まるところや食べるところ、見るところをいろいろと調べて、脳内でスケジュールを立ててみようと思う次第であります。

uriel_archangel at 11:44 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード