November 14, 2014

* 中学男子への関わり方は難しい……

まあ確かに、周囲の大人が期待しすぎていて、「がんばれー」「もっとできるー」と言っているのが、辛いのかもしれません。

さらに私が毒舌というか、反論の余地のないことを身も蓋もない表現で言ってしまうので、息子にしてみたら、ますます逃げ場がなくなる感じかもしれません。

まあ、結論としては、一番いいことだしそうするべきなのは「本人が気づくのを待つ」なんです。でも、「もったいないなあ」と思ってしまい、ついつい口を出してしまうわけです。自分が失敗してきているので、「それはねえ」と思ってしまうのですよね。

親がついつい口を出し過ぎてしまうと、かえって子供の意欲を削いでしまうのは、自分の経験で分かっているつもりなんですけどね〜。

「こいつ、まだまだ分かってないなあ」という状態でもガマンして手も口も出さない……というのを、周囲の大人が全員実行できればいいのですが、ここが一枚岩ではないですからね(汗) ここで本人が上手いこと立ち回ればいいのですが、不器用ときているし。

あーめんどくさい。

とりあえず、このところの言動を反省して、私にとっての「これだけはやってくれ」という最低限ラインを決めたら、それ以上のことには口を出さないようにします。

uriel_archangel at 11:30 | 子どものこと 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード