December 19, 2014

* 教習所日記その16

今日は休みなので、学科と技能を2時間ずつ受けました。

それにしても、技能で路上に出るんだよなあ……ということで、学科の時間もドキドキしていました。だって、これまでコースをのんびり走っていただけの人間が、他の車と一緒に一般道を走るんですよ〜(汗)

最初は学科だったので、話をきちんと聞きながらも、上の空……ほどではありませんが、「これから路上か〜」などと思っていました。

でもまあ、教習所が路上を走っていいと言うのだから、走っていいのです。相性のいい人が担当だといいなあ、と思っていたところ……みきわめの直前の技能を担当した人でした。ひと安心です。

最初にいちおうボンネットを開けてエンジンやオイルタンクがどこにあるか、どういうところをチェックするかを教わります。家族がこういうことをしているのを、見たことありませんが……。

そして車は指導員氏の運転で教習所を出て、いよいよ交代です。ひー、と思いながらの運転でしたが、意外と運転自体はなんとかなるものです。周囲がきちんと確認できるかは、また別の問題ですが。そこが問題なのですけれどね。

ただ、これまで20km/hくらいでのんきに走っていた人間には、30km/hはともかく40km/hは未知の世界です。道路によっては50km/hまで出せるところもあります。「えー、まだ踏まなきゃいけないの〜?」と思いながら必死でアクセルを踏み、あちこちをちょこちょこと走り回りました。

車に乗っているだけだと気づかないのが、ハンドルを握っていると路面の凹凸や傾きが伝わってくるということです。

人通りの多い場所では、横断歩道の有無に関係なく、人が車道に湧いてきます。色水に浸したスポンジをぎゅっと絞る感じで、人が出てくるのですよ……。「えーっ」と思わず言ったら、指導員氏に「これくらいで驚いてちゃダメ」と言われました。ひー。

見るからに教習車なのに、平気で横断歩道のないところで、その前をおばさんが通過していきますからね……。

疲れた〜、と思いながらやっとの思いで教習所に戻り、無事1時間目は終了しました。

ここで放心状態になるヒマもなく、次の学科です。この後も技能なんだよなあ、と思うわけですが、一度体験してしまえば、後はそんなに緊張しませんね。

次の技能は、初めての技能で担当した人が指導員でした。よく通るルートではこういうふうに走ったほうがいいですよ、的なアドバイスをもらえました。あと、前回の指導員氏と比べると几帳面な性格のようで、ハンドル操作も細かく指示されました。

途中で知っている場所に出たので、「こっちに行くと○○ですよね」と話したところ、まだ時間もあるし混雑もしていないので、「じゃあ○○に行ってみましょうか」ということで、急きょ予想外のルートを通ることになりました。交通量も多いし、大きな交差点では歩行者にドキドキだしで、またまた「ひー」です。

まあそんな状態でも、無事教習所まで戻れましたよ。コース内では右に寄りすぎて注意ばかりされていたのですが、路上では、今度は左に寄りすぎと注意されます……。路上駐車が多いので、安全のためにもセンターライン寄りがいいそうです。

でも対向車が来るんですよ。向こうも路上駐車が多いので、センターラインに寄ってくるんですよ。中央分離帯があるわけでもないので、逃げたくなりますよ。

学科→技能→学科→技能と盛りだくさんで、「ああ疲れた」です。初めてコース内を走ったときは「これで本当に車が運転できるようになるのだろうか」と考えたことを思えば、路上を走った後では「まあ、この後も練習すれば何とかなるかな」という気分でいられるのですから、希望はあります! 油断は大敵ですけれどね。

【卒業検定まで残り:学科14時間・技能17時間】

uriel_archangel at 09:23 | 学び | 日々の記録
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード