April 30, 2015

* タブレットやスマートフォンで英語を書いたら楽だった

昨日、納品したばかりの海外の会社からの、追加作業の問い合わせがありました。自宅だったので、PCは開いていましたがメーラーを立ち上げていなかったので、iPad miniで返事を書きました。最初はフリック入力で書いていたのですが、だんだん「あの文字はどこだ〜?」になったので、地球儀マークを押して、慣れているキーボード配列を表示させました。

そして、2日ほど前、納期に追われている真っ最中に、とても興味深い仕事内容のメールが届いていました(海外の会社から)。でも返信の時間が取れず、今日になって返事を書きました。

実は時間が取れる状態になったものの、外出の予定が入っており、移動時間にメールを書きました。というわけで、こちらの返信はNexus5での入力でした。前日の経験を踏まえ、最初から、地球儀マークを押すと表示される、普通のキーボードと同じ配列で入力しました。

そうすると、iPad miniでもNexus5でも、慣れたアルファベットの配置なので、すいすい(当社比)入力できます。Nexus5は物理的に幅が狭いので、あまり広くない場所に文字がずらずらと並んだ状態になり、一瞬「あれ、どこだ?」になることはありますが、フリック入力の時ほどストレスはありません。

記号や数字を出そうとすると、PCのようにShiftキーが使えるわけではないので、そこはちょっと不便かなあ、とは思います。でも、英語も考えてフリック入力の文字の位置も考えて、に比べたら、やはり負担は少ないです。

それとありがたいのは、小さいデバイスで電車の中で入力となると、隣の文字に触れてしまうなど、入力ミスが多々あったのですが、自動で修正してくれるところです。日本語の入力でもそういう機能はありますから当然と言えば当然なのですが、ネイティブではない言語でやってくれるというのが、とてもありがたいです。

ここは物理的な大きさの違いでどうしようもないところがありますが、入力はiPad miniのほうが楽でした。Nexus5は、キーボードの間隔が広がるだろうかと思って横長に持ってみたところ、メールの本文を表示するスペースがぐっと少なくなってしまい、「こりゃダメだ」になりました。

ともあれ、タブレットやスマートフォンでは、あまりストレスを感じずに英語が書けると分かってひと安心です。よく考えたら、ドイツ語が入力できるようにしてたっけ、私? 状態なので、そこもきちんと設定しておかないといけないですね。

uriel_archangel at 10:03 | 仕事 | ネットやPC関連
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード