May 26, 2015

* 事務仕事でサインペンを愛用しています

当たり前なのですが、大きな字を書くときは便利です。私は水性ボールペンではなく、昔ながらの油性ボールペンを使っているので、書いた跡が裏移りするとか、そういうところが気になるのです。特に付箋に書いていると、うっすら文字が見えたりします。

深く考えずに近所の文房具屋さんで買ったサインペンがいい感じなので、そのまま使っています。

スーパープチ 中字 黒 SEG10MB
パイロットコーポレーション


水性ペンは濡れたときににじんだり流れたりするのが心配なので、水性顔料というものを選んでいました。ちなみに赤も、ボールペンだけでなく太字のペンを愛用しています。



こちらは紙用マッキーです。

実は、紙用マッキーは黒も持っているのですが、黒の濃さはサインペンのほうが勝っていると感じます。そんなわけで、黒の紙用マッキーの出番はあまりありません。どちらにせよ、「書いたものが目立つ」「コピーしてもはっきり見える」という点で、サインペン(太字のペン)は便利です。

サインペンは、長らく使っていると、先端部分がすり減って、だんだん中字ではなく太字になります。そして、かすれず書ける位置とそうでない位置がはっきりしてくるので、どこを持てばいいか分かるように、目印が必要になります。結果として書く場所が決まってくるので、ますます太字に輪がかかります。

一応新しいサインペンを準備してはいるのですが、まだ「これはもう使えないな」状態にはなっていないので、待機中です。せっかくなので、先端部分が比較できる写真を撮影してみました。

2015-05-21-13-46-42

写真をクリックすると大きくなるので、違いがさらによく分かります。こんな状態なので、使い始めたときよりだいぶ太字になっていますが、相変わらず活躍中です。

uriel_archangel at 11:47 | 日々の記録 
Permalink | Comments(0) | TrackBack(0)
 

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
Profile

REMI

REMI on Twitter
Message to REMI

REMI宛てに非公開のメッセージを送信できます

名前
メール
本文
Recent Comments
QRコード
QRコード